尾張建の今日の出来事

今日に限らず起きた出来事を、時には写真付きで、時には偉そうに意見したりして書いていくそんなブログです。
尾張建の今日の出来事 TOP  > 

フォーミュラな日々 416周目

ども、尾張建です。

雨が降ると分かっていて富士スピードウェイへ行き、赤旗中断になる可能性が高いと知った上で、雨装備で出撃。
もちろん殆どレースしていなかったことに怒りを覚える人はいるだろうが、あの場にいた大半の人間はヤケになってむしろあの状況を楽しんでいた気がしないでも無い。

2017年 WEC 富士6時間レース:富士スピードウェイ 3日間の入場者数
https://f1-gate.com/wec/data_39145.html

3日間で約14万人、日曜日だけで約7万人を動員した今年のF1日本GP。
それに対して、今年のWEC富士6Hレースでは、今年は3日間合わせて約5万人。
決勝の日曜日ではわずか3万人の動員。
これは何も今年に限った話では無く、大雨となったあの2013年を除けば、一切雨が降らなかった年も一時的に雨が降った年も全て通し約5万人、決勝日3万人で推移している。
今年が雨予報でありながら例年通りだったのは、今年でポルシェが撤退し、次いでトヨタも撤退して国内ではラストレースになりかねないと誰もが考えたからだろうか。

唯一5万人を切っている2013年だが、金・土ではそれ以外の年と大差ない状況。
また、ルマンで歴史的な敗北を喫して話題となった2016年が最多を記録しているが、それでも5万人前半であり、決勝日も結局は3万人前半と大差ない状況。
どうやらWECは、天気や選手権争いがどうなろうが関係無しにファンが固定化されている様子。
決勝日の動員数の推移からすると、現地まで見に行こうとするまで熱心なファンは3万人と言ったところか。

世界最高峰のフォーミュラレースに対して、半分以下の世界最高峰の耐久選手権という状況。
では、同じ日に行われたMotoGPはどうか。

2017年 MotoGP 日本グランプリ:ツインリンクもてぎ 3日間の入場者数
https://f1-gate.com/motogp/data_39146.html

3日間で約9万人、決勝日約5万人という動員数。
MotoGPに一日で負けるWEC……。
フジ・ウェザーがいけないのか、大都市圏からアクセスしづらい環境が悪いのか。
それともWEC自体に魅力が無いのか……。

では、ここで。
スポンサーサイト
[ 2017/10/17 23:45 ] フォーミュラな日々 | TB(0) | CM(0)

NHK名古屋にあった直営店に行ったのは2、3回ぐらいか

ども、尾張建です。

欲しいなと思ったときには財力が無く、財力が整い始めた頃には欲しい物が無く、そして、

鉄道グッズの「日車夢工房」終了へ 日本車両が年内めど
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2017101190210209.html

そのお店はまもなく歴史に幕を閉じる。
設立されたときから日車夢工房を知っているだけに、この知らせはかなり衝撃的。
本業の方でかなり苦戦していることと、PRとしての役割を果たしたとの話ではあるが。

新幹線の廃品、すぐ完売に JR東海がネット販売
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2017101290231319.html

タイミングがタイミングなので、JR東海の動きとの関連性を疑いたくなる。
なんか、こう、JR東海の傘下に入り始めた頃から歯車が狂いだした感がある。
かつてはJR東日本向けにも新幹線車両を作っていたのが、いまやゼロに。
ただ単にタイミングが重なっただけと思いたいところではあるが……。

では、ここで。
[ 2017/10/13 00:37 ] 尾張建の鐵道日誌 | TB(0) | CM(0)

フォーミュラな日々 415周目

ども、尾張建です。

2017年 F1日本グランプリ 鈴鹿サーキット 3日間の入場者数
https://f1-gate.com/japan_gp/f1_39029.html

土曜日は1/43,000、日曜日は1/68,000となっていたわけだけだが。
A2スタンドが消滅したこと、例年よりもさらに予想以上に鈴鹿サーキットを後にできたことで、これはまたまた過去最低を記録するだろうなと思ってはいたが。
個々で見ても、全体を通して見ても、過去最低を記録することに。
グランプリスクエアの賑わいも今は大分おとなしくなっているし、通路のあちらこちらに売店があったのも今や昔のこと。
かつて、チケットは場内にあるプレハブ小屋から申込み用紙を手に入れて、抽選で手に入れていたなんて今は誰も信じないだろうな。
かつて、ゲートが終夜オープンしていて、夜遅くまで照明が煌々と辺りを照らしていたなんてことも、今は誰も信じないだろうな。
人が減ったことで観戦しやすくなったことはそれはそれで嬉しいことではあるが、賑わいがないとやっぱり寂しい。
賑わいが戻ることを年々強く願っているけれど、起爆剤がない現状では来年もさらに減る予感しかしない。

それにしても、過去の記録を見ていると2006年の異常さがよく分かる。
入場者数は今年の3日間<2006年土曜日という事実。
毎年書いていると思うが、2016年日曜日の一日で16万人動員とか今でも信じられないレベル。
あのとき、どうやって帰ったんだっけ……?

2007年の富士はともかくとして、悪評が広まった2008年の富士でもしっかりと20万人を動員していたことに驚き。
てっきり、2008年でがっくりと落ちたもんだと思っていた(それでもトータルで7万人は減っているが)。
そして2009年に鈴鹿に戻って急回復したかと思っていたら、そうでもないという。
ベッテル旋風が巻き起こり、可夢偉が活躍する2012年までは横ばいで推移している。
富士に一度移ったことでF1ファンがふるいにかけられ、残ったファン達がそのまま2009~2012年の鈴鹿へ移った恰好だろうか。

では、ここで。
[ 2017/10/10 01:03 ] フォーミュラな日々 | TB(0) | CM(0)

そろそろ700系シリーズから離脱してC1系なり、1000系なりをだな……

ども、尾張建です。

東海道新幹線の新型先頭車公開 「N700S」
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2017100101001433.html

無印の700系を置き換えることになるN700S系。
カモノハシノーズから始った700系シリーズもこれで4世代目。
台湾新幹線だったり、九州新幹線800系と様々な派生系を生み出しているわけなのだが。
いつまで700系シリーズを続けるのだろうか。
これが一種の完成形になってしまっているのか、リニアに力を入れるため新しく開発する気力を無くしているのか、どちらなんだろうか。
そろそろ新しいシリーズへ移行して欲しいところではあるが、N700S系の次は未知数を表わすN700"X"系が生まれそうな気しかしない。

東北から北海道へと一直線に駆け抜けたり、ミニ新幹線になったり、豪雪地帯を走ったり、大量の通勤客を運んだりと、様々な要求をされるJR東日本と比べてはいけないのだろうけど。
もうちょっとバリエーションが欲しいところ。

では、ここで。
[ 2017/10/01 23:59 ] 尾張建の鐵道日誌 | TB(0) | CM(0)

フォーミュラな日々 414周目

ども、尾張建です。

【WEC】 トヨタ:2017 第6戦 COTA6時間 決勝レポート
https://f1-gate.com/toyota/wec_38618.html

ルマンはトラブル多発で落としたが、第1・2戦と連勝していたから当初は2014年の再来と思っていたのだが。
よくよく考えれば、2014年ほど圧倒的だったというわけではなく、勝ったと言っても割と薄氷の勝利。
しかも、戦いやすいハイダウンフォース仕様を持ち込んだトヨタに対し、戦うには不向きなルマンのローダウンフォース仕様のポルシェという状況。
つまりは、勝って当然とも言うべき状況でポルシェと僅差。
ならば、相手が同じ土俵に上がってきた場合はどうなるか。
どのような結果が出るかは自明の理だったのかもしれない。
せめて次の富士こそは一矢報いてポルシェを見送って欲しいところだが……。

では、ここで。
[ 2017/09/18 21:21 ] フォーミュラな日々 | TB(0) | CM(0)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

尾張建

Author:尾張建
愛知県出身・栃木県在住。鉄道ファンで、F1・WECを毎年観戦し、下道で日帰りツーリングをし、たまにドラゴンズを観戦する元ベースボールプレイヤー。小学生まではサッカーをやっていて、一応博士号持ちの男。
就職に伴いパジェロジュニアを手放す。その次・そのまた次はパジェロイオとパジェロミニに乗り、最終的に親パジェロに乗ることを狙っているのだが・・・・・・。
10月29日生まれ。

尾張建の撮影記録
尾張建の撮影記録
使用機材:Canon EOS 7D、Canon EOS M、Canon PowerShot S95、Canon EOS 20D
バックナンバー
ドロップダウンリストから選択
--------------------------

©Plug-in by ASIA SEASON
全記事表示リンク