尾張建の今日の出来事

今日に限らず起きた出来事を、時には写真付きで、時には偉そうに意見したりして書いていくそんなブログです。
尾張建の今日の出来事 TOP  >  尾張建の鐵道日誌

鯨やら赤熊やら黄色い医者やらの合間で

ども、尾張建です。

5074レ 名古屋駅
5074レ 名古屋駅

ここ一週間ほど、目的のものを求めて東へ西へと奔走していたわけだが、その合間に撮ったものでも。
上の写真は名古屋駅を通過するEF66 27牽引の5074レ。
国鉄時代に製造されたEF66 0番台は、今稼働中のものはこの27号機と30号機だけ。
それ以外は運用から外れており、あとは解体を待つだけとか。

以下略
[ 2017/07/23 15:03 ] 尾張建の鐵道日誌 | TB(0) | CM(0)

高架化した後でも知立駅には遙拝所の設置を

ども、尾張建です。

栃木に行ってもJRばっかり撮っているので、JRフォルダばっかり容量が増えていく。
それ以外のフォルダの容量も増やしてみようかと思い、

名鉄知立駅舎

名鉄知立駅の高架化の進捗状況をチェックしに行ってみた。

以下略。
[ 2017/07/21 23:18 ] 尾張建の鐵道日誌 | TB(0) | CM(0)

赤熊を撮った後に黄色い医者を撮る。その前には緑の中で青鯨を撮っていたりする

ども、尾張建です。

DF200-116の無動力回送で、被る心配が一切無い線路横から撮るのがベストな選択肢ではあった。
そうしなかったのは、

923形ドクターイエロー T4編成 浜松駅
923形T4編成 浜松駅

こいつを撮るため。
ドクターイエローを撮るのを捨てれば、線路横から撮ることができた。
だが両方撮れる可能性が存在するのであれば、そっちを選ぶもんでしょう。

前に米原駅で撮ったときはホームに結構な人が居た(10~20人ぐらい)のだが、今回は自分も含めて5~6人しかいなかった。
高校生までは夏休みだが、大学生は定期テストの真っ最中だからだろうか。
社会人は社会人で有休を取得し辛い週の真ん中だからだろうか。
カーブを描いているホームだから、何人来ても問題ないんだけどね(真っ直ぐなホームだと困る)。

では、ここで。
[ 2017/07/21 19:19 ] 尾張建の鐵道日誌 | TB(0) | CM(0)

遅れに翻弄される5085レ熊狩り集団

ども、尾張建です。

DF200形ディーゼル機関車には『ECO-POWER RED BEAR』という愛称がついており、車体側面にロゴマークが貼られている。
『赤熊』と書き込まれていると、こいつのこと。
これまでは北海道でしか走っていなかったのが、今年3月のダイヤ改正で東海地方にもDF200の運用が設定。
とうとうこのロゴマークが東海地方でもお披露目かとおもわれたのだが。
改正以降運用には一切入らず、未だに車庫で冬眠。既に夏ですがいつ起きるの?
どうやら乗務員の訓練がまだ済んでいないためらしい。

そんな状況の中、発表されたDF200-116の川重兵庫工場への5085レを使った回送。
本州地区ではまずお目にかかれないDF200の無動力回送。
123号機が同じように川重兵庫工場へ回送され、その後223号機として愛知機関区に配属されたことを考えると、この116号機は216号機として改造され愛知機関区に配属されるのは想像に難くない。
そうすると、116号機として見るのはこれが最後のチャンスであり、これはまたとない機会。
東海道線沿線に集まった他の人たちと同様、熊狩りに加わる。

が、レール運搬列車の8090レでは大雨に翻弄されたように、今度は遅れに翻弄される。
何時間遅れだの、トヨタロングパスエクスプレスのダイヤだの、甲種回送の8863レのダイヤだの、様々な情報が錯綜。
また4時間半も遅れているとあって、ダイヤ通りに待避するのか、それとも遅れているから待避しないのか、はたまた別の駅で待避するのか、全く予想がつかない状況。
稲沢駅前後で貨物線に入るか入らないかで撮影方法が変わってしまうので、どちらになっても撮影方法が変わらない尾張一宮駅で迎え撃つことにした。
その通過時刻は14時55分と予想。
その結果は、

EF210-104+無動DF200-116・5085レ 尾張一宮駅
EF210-104+無動DF200-116・5085レ 尾張一宮駅

これである。
何が起きたのかというと、上り貨物列車に被られて撮れなかったから。
14時43分に尾張一宮駅を通過しており、通過予想時刻とは10分程度の誤差。
10分程度と差があって油断したのだろう、1062レに被られる可能性に気づくべきだった。
泣く泣くDF200-116の後ろ姿をおさめる。
ただまぁ、今回無動力回送された『DF200-116』というのを記録するためには、横から撮れないのなら後追いで撮るしかないので、どのみちこうなる運命だったかもしれない。

では、ここで。
[ 2017/07/21 00:47 ] 尾張建の鐵道日誌 | TB(0) | CM(0)

大雨に翻弄される8090レ捕鯨船団

ども、尾張建です。

16日昼前、新日鐵八幡からレール運搬列車8090レが21両編成で出発という書き込みが。
4月の21両の時(該当記事)は、撮れたことは撮れたがロケーションに失敗という結果に。
再戦の機会を窺っていたが、ついにその時が来たか。
続いて昼過ぎに、終着駅までの牽引機の目撃情報が書き込まれる。
それが、

EF200-2代走・8090レ 下地駅
EF200-2代走・8090レ 下地駅

まさかのEF200-2という。
これは是が非でも、体力を一気に削ってでも撮りに行かねば、と出撃。
写真は、600mmフルでズームしてDPPでトリミング。
赤い奴らに囲まれる鯨。
編集しているとはいえ、それなりによく仕上がっている(自画自賛)。
一脚の安定効果に加えて、夜降った雨で路盤が冷え、曇り空で温度が上がりにくいため陽炎が発生していなかったことが大きいか。
青い鯨と赤い奴らとの対比も良い。
ただ、もう少し右にずらして撮れば良かったと思う。

以下略。
[ 2017/07/17 21:44 ] 尾張建の鐵道日誌 | TB(0) | CM(0)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

尾張建

Author:尾張建
愛知県出身・栃木県在住。鉄道ファンで、F1・WECを毎年観戦し、下道で日帰りツーリングをし、たまにドラゴンズを観戦する元ベースボールプレイヤー。小学生まではサッカーをやっていて、一応博士号持ちの男。
就職に伴いパジェロジュニアを手放す。その次・そのまた次はパジェロイオとパジェロミニに乗り、最終的に親パジェロに乗ることを狙っているのだが・・・・・・。
10月29日生まれ。

尾張建の撮影記録
尾張建の撮影記録
使用機材:Canon EOS 7D、Canon EOS M、Canon PowerShot S95、Canon EOS 20D
バックナンバー
ドロップダウンリストから選択
--------------------------

©Plug-in by ASIA SEASON
全記事表示リンク