尾張建の今日の出来事

今日に限らず起きた出来事を、時には写真付きで、時には偉そうに意見したりして書いていくそんなブログです。
尾張建の今日の出来事 TOP  >  東北地方太平洋沖地震

東北地方太平洋沖地震 (131)

ども、尾張建です。

東北地方太平洋沖地震から今日で1年。
1年前と同じように今日もバイトへ。
ワンセグを見ながらバイトしていたな。
丁度仙台空港に津波が押し寄せた時だったか。

あの時、東北地方への荷物があった。
地域柄なのか、東北地方との繋がりは大きくないようで、そんなに数は無かったが。
5~6個だったかな。
その荷物はあの日送ったが、予想通りと言うべきか結局戻ってきた。
数日は営業所の片隅に置きっぱなしだったが、その後姿を消した。
おそらく発送主の元へ戻っていったんだろう。
そう言えば、その荷物の送り先の人はどうなったんだろうか。

あの日だけはまだ発生直後とあって、営業所は普通の状態だったな。
慌ただしく、混乱するようになったのはその次の日から。
東北方面、発送全面停止だったからな。
関東方面へは速達やクールなどの受付停止だったか。
ある程度は受付の方で食いとめてくれていたが、集荷の方ではたまに紛れ込んでいて、送り先チェックに追われたな。
通常の仕分け作業に、東北方面のチェックで大変だった。
あのような大変な作業は二度としたくないものだ。

では、今日はここで。

東北地方太平洋沖地震 (130)

ども、尾張建です。

14時36分頃に福島県沖で地震があったようですな。
この辺は震度1以下だもんで、気が付かんかった。
規模がM6.8で、深さが20km。
比較的浅く、M7に近いと言う事で、津波注意報を出したんだろうか。
第1波の予想波高は50センチだとか。
なお、福島第一原発には今のところ異常無しだとか。

そう言えば大きな余震って、震源域の中南部で起きているような。
北部や、昭和三陸地震タイプの余震は今のところ無し?
北部の方がすべり量が大きかったから、余震を起こせるだけのエネルギーがないからだろうか。
昭和三陸地震タイプの方は、まだエネルギーが溜まっていないからだろうか。
そろそろM7.5~M8.0クラスが来てもおかしくはない頃だが。
もしかして、北部が沈黙しているのはそれか?
まさか、ねぇ。

では。

東北地方太平洋沖地震 (129)

ども、尾張建です。

震災の死者1万5650人 警察庁まとめ
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2011073101000423.html

今日現在、死者は1万5650人。
行方不明者は4977人。
合計2万627人。
一時は、明治三陸地震以上の日本史上最悪の津波災害、死者・行方不明者は3万人以上か?と。
既に明治三陸地震を下回っている。
最初は、科学技術がここまで発展した今の時代でも、自然の脅威には敵わないんだろうかと思っていたが。
死者・行方不明者はじきに2万人をきる事だろう。
科学技術で、自然に脅威に立ち向かえる事ができるな。

それにしても一時期は、混乱もあって様々な情報があったな。
地震直後で、仙台市の海岸で200~300人の遺体(実際は数十人だったらしい)。
南三陸町では大半の1万人が行方不明(後に誤りと判明)。
当時がいかに混乱していたかを示す証左だろう。

では、今日はここで。

東北地方太平洋沖地震 (128)

震災前22年の「静穏期」 宮城沖、大地震の前兆か
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2011061601000295.html

空白域とは別物っぽい。
同じような現象が、房総沖と四国沖でも起きているらしい。
それが、仮に大地震の前兆だとしたら。
房総半島沖地震か、南海地震、発生の予感。
そう言えば房総半島沖には、空白域があるという記事を読んだような読んでいないような。
しかし、22年前からか。
静穏期だと確証を得るのに10年ぐらいかかるとして、約10年で対策といったところか。
だけど宮城県沖のケースが他の所にも当てはまるとは限らない訳で。
半世紀という時間を要するかもしれないし、数年で来るかもしれない。
要は、普段から備えておけと言う訳か。
いつ来てもいいように。

東北地方太平洋沖地震 (127)

原発近くの断層でも地震の確率 大震災で全国の活断層を再評価
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2011060901001134.html

大断層帯である糸魚川-静岡構造線や中央構造線は、発生確率が二桁の所が多い。
それがさらに増すのか。
さすが日本列島を形作った大断層帯。
日本沈没でもここから割れる訳だ。
まぁ、東海地震と比べたら数値としてはかなり低いが。
というか、宮城県沖と東海地震が異常過ぎる。
宮城県沖は99%だったっけ?(注:東北地方太平洋沖地震発生前の時点で)

確か北米プレートが跳ね上がった事で、本州を東西方向に押す力が減少。
逆に東西方向に引っ張られる形、だったか。
それによって、今まで全然活発じゃ無かったいわき市周辺の正断層が活発化したとの事。
あと秋田県内陸北部や、新潟県中越地方も活発化したんだっけ。
新潟県中越地震は、押す力によって生じる逆断層型だった筈だが。
あの辺の地下には、ユーラシアプレートと北米プレートの境目があるらしい。
北米プレートからの圧力が少し緩んだ事で起こりやすくなったんだろうか。

逆に鎮静化したのが、今まで活発な地震活動が起きていた岐阜県飛騨地方だったはず。
3月10日までは毎日と言っても良いぐらいに地震が起きていた。
よく字幕スーパーや新聞に載っていた。
3月11日からは打って変わって、聞かなくなった。
三陸沖とかがあまりにも多いから、飛騨地方の地震なんて表示する暇が無かったからかもしれない。
が、それを抜きにしても起きなくなった。

どこの記事だったか。
日本列島の地震活動の活発化の動向を示す図をどっかで見たんだが。
赤色が活発化で青色が鎮静化で。
それによるといわき市周辺や中越地方が赤色で、飛騨地方が青色だった気がするんだが。
中日新聞のWebサイトだったら、PDF化して保存してあるかもしれん。
探そっと。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

尾張建

Author:尾張建
愛知県出身・栃木県在住。鉄道ファンで、F1・WECを毎年観戦し、下道で日帰りツーリングをし、たまにドラゴンズを観戦する元ベースボールプレイヤー。小学生まではサッカーをやっていて、一応博士号持ちの男。
就職に伴いパジェロジュニアを手放す。その次・そのまた次はパジェロイオとパジェロミニに乗り、最終的に親パジェロに乗ることを狙っているのだが・・・・・・。
10月29日生まれ。

尾張建の撮影記録
尾張建の撮影記録
使用機材:Canon EOS 7D、Canon EOS M、Canon PowerShot S95、Canon EOS 20D
バックナンバー
ドロップダウンリストから選択
--------------------------

©Plug-in by ASIA SEASON
全記事表示リンク