尾張建の今日の出来事

今日に限らず起きた出来事を、時には写真付きで、時には偉そうに意見したりして書いていくそんなブログです。
尾張建の今日の出来事 TOP  >  尾張建の今日の出来事

エンジントラブルとか致命的なトラブルではなかったから良かったとするべきか。

ども、尾張建です。

電柱大(電信柱大学の略称)のロケットの打ち上げが今日あったのだが、

最小ロケット打ち上げ失敗 通信に異常、海に落下
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2017011501001025.html

どうやら通信エラーが起きて、二段目のエンジン点火を中止し、そのまま海へ落下した模様。
情報が無いから何とも言えないが、通信機器のトラブルだろうか。
そうだとしたら、エンジントラブルとか致命的なトラブルでなかった分、良かったと考えるべきか。
一段目のエンジンが破損したH-Ⅱロケット8号機のように、致命的なトラブルが色んなところへ影響した例があるからね。

次があるとしたら、次こそは打ち上げ成功してもらいたいところ。
・・・・・・あるよね?

では、ここで。

冬支度ではあるが、どちらかというと停電時対策

ども、尾張建です。

我が部屋の暖房器具は、Corei7という電気ストーブが2つと、エアコンがあるけれど。
どれも電気を動力源としており、万が一この時期で停電になったら――と思うとゾッとするので、

イワタニ カセットガスストーブ ハイパワータイプ "デカ暖" CB-CGS-HPR
イワタニ カセットガスストーブ

カセットガスを燃料として使うストーブを購入。
できれば、交流電源を必要とせず、お湯が沸かせる石油ストーブを買いたかったが、どうやって灯油を調達するかで断念。
18Lのポリタンクなんか運べねーよ。
まぁ、雪やこんこ~♪と音楽を流す業者を呼ぶという手もあるが。

カセットガスを燃料とするとだけあって、石油ストーブ、石油ファンヒーターと比べてかなり軽くコンパクト。
カセットコンロのようにすぐに点火するかと思いきや、説明書にあるとおりしばらく待たないと点かない。
一旦戻して再点火を試みたくなるが、そこは我慢。
ただし、パイロットバーナーという点火用のバーナーが点いてない場合は、再点火を試みよう。

イワタニ カセットガスストーブ

点火してから数分ほど待つと燃焼筒が赤熱してくる。
そうなるとだいぶ暖かくなる。
もちろんファンヒーターではないので、近くに居る必要はあるけれど、停電時に暖をとる分には問題は無さそう。
玄関と直結しているキッチンは寒くなるので、そこでの暖房器具として使うのも良いか。

では、ここで。

これで気軽に味噌汁もコーヒーも飲めるように

ども、尾張建です。

味噌汁はインスタントの赤だしのもので生活中。
これまで2L以上入るヤカンで数百mLの水を沸かして作っていた。
これは非効率だし、すぐにお湯を作れないので、電気ケトルの購入を考えていたわけだが。

ティファール KO340176

近くのホームセンターで税込み2,149円で売っていて、これは安いと購入を即断。
もちろんティファールでなければこれよりも安い奴は売っているわけだが、ティファールでこの値段は安い。
一般的に安いとされているAmazonで同モデルを買おうとする、と約1千円上乗せしないと買えない。
どういう経緯で安売りされているのかは気になるが、おそらくは大量仕入れによる値下げだろう。
展示品というわけでも外箱損傷品というわけでもないので、問題なし。

では、ここで。

電柱について調べたら、電信棒は東海・近畿地方の方言という事実に驚愕

ども、尾張建です。

電柱大のロケット、年度内打ち上げ JAXA
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2016112201001962.html

JAXA協力の下、電柱大学なる組織がロケットを年度内に打ち上げと読んだ人間は自分だけじゃないはず。
電通大の打ち間違えだろと思って、記事を開いたのが自分です。
電柱ぐらいの大きさとなると、おおすみを打ち上げたラムダロケットぐらいかと思ったら、あっちは全長16.5m、直径0.735m、重さ9.4トンと、電柱大ロケット(全長約10m、直径約0.5m、重さ2.6トン)よりでかかった。

電柱ぐらいの大きさであればトラックで十分に運べるから、移動式発射台が作れそう。
発射台トラックと管制用トラックの組み合わせで、日本全国どこでも気軽に打ち上げ、と。
それなんてシーバスターや中SAM?
例えば大学で組み立てて完成次第すぐに打ち上げてすぐに結果を得られるとか、鹿児島県内之浦までいかなくて済むから需要がありそうな気はする。

では、ここで。

福島県沖地震(M7.3)

ども、尾張建です。

緊急地震速報を受信した携帯のバイブレーションと、いつもの起きる時間に近いとあって起きて、揺れ出したところからピークまでを丁度認識。
もう何年振りかの震度4。
震度4程度なら大丈夫だろうけど、何か物が倒れる&落下はしないだろうかと不安だった。

それにしてもM7.3か。
しかも震源が10kmと浅いと来た。
これは沿岸部が浸水する程度の津波を引き起こした2009年かそこらの三陸沖の地震と同程度の規模と浅さかな。

今も余震と思われる地震の揺れが。
これは今日一日は続きそうな予感。

では、ここで。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

尾張建

Author:尾張建
愛知県出身・栃木県在住。鉄道ファンで、F1・WECを毎年観戦し、下道で日帰りツーリングをし、たまにドラゴンズを観戦する元ベースボールプレイヤー。小学生まではサッカーをやっていて、一応博士号持ちの男。
就職に伴いパジェロジュニアを手放す。その次・そのまた次はパジェロイオとパジェロミニに乗り、最終的に親パジェロに乗ることを狙っているのだが・・・・・・。
10月29日生まれ。

尾張建の撮影記録
尾張建の撮影記録
使用機材:Canon EOS 7D、Canon EOS M、Canon PowerShot S95、Canon EOS 20D
バックナンバー
ドロップダウンリストから選択
--------------------------

©Plug-in by ASIA SEASON
全記事表示リンク