FC2ブログ

尾張建の今日の出来事

今日に限らず起きた出来事を、時には写真付きで、時には偉そうに意見したりして書いていくそんなブログです。
尾張建の今日の出来事 TOP  >  尾張建探訪日記(仮) >  尾張建探訪日記(仮) 未来クリエイター家康+ハツラツ市 ローカル鉄道博覧会 in おおがき

尾張建探訪日記(仮) 未来クリエイター家康+ハツラツ市 ローカル鉄道博覧会 in おおがき

ども、尾張建です。

こないだの土日は、大学院時代の知り合いの結婚式に出席するため愛知へ帰還。
そのついでに岡崎まで行って未来クリエイター家康という団体列車を撮ったり、

JR大垣駅

そこから大垣へ行ったりなどなど。
大垣と言えば、年末は大垣行きのムーンライトながらでの移動を企てるものの席を取れず。
2日前、1日前あたりのキャンセル狙いをするしか無さそう。


以下略。


未来クリエイター家康 中岡崎駅

これまで未来クリエイター信長だの、未来クリエイター秀吉だのなんだのを撮り逃してきて、今度こそはと狙った今回ではあったが。
思った以上の猛スピードで中岡崎駅を通過する未来クリエイター家康。
手持ちの機材がEOS Mとあって、ピント合わせが甘々であり、500×333のサイズにしてようやくまともに見ることができるという。

その中岡崎駅。

愛知環状鉄道中岡崎駅 改札口

エアーキャップに覆われた機械が何やら改札口周辺に設置されていた。

愛知環状鉄道TOICA改札機

その正体はICカード関係の機械、と言うか来年導入のTOICA改札機である。
この写真に写る機械は、ちらりと見える黄色のボディと「出場」という文字から、出場用の簡易改札機で間違いない。
壁の向こう側には緑色ボディの入場用簡易改札機があるはず。
見た感じからすると、JR東海の各駅に設置されているものと全く同一と思われる。

愛知環状鉄道TOICAチャージ機

こちらは思いっきり文字が見えているとおり、チャージ機。
基本的な設計は、こちらもまたJR東海の各駅に設置されているものと同一のようだが、操作ボタン周辺のパネルがJR東海のコーポレートカラーのオレンジ色では無く、愛知環状鉄道のコーポレートカラーである青色になっている。

愛知環状鉄道TOICA改札機

ところで気になるのが簡易改札機の設置場所と理由。
既にある自動改札機の近くではなく、こんな離れた場所に設置されている。
そもそも、自動改札機をICカード対応にさせるだけなら自動改札機の交換だけで良く、簡易改札機を設置する必要はない。
にも関わらず、この場所に、自動改札機とは別に設置しているあたり、既存の改札口封鎖および無人駅化の予感がする。
普通列車しか止まらないとは言え名鉄との乗換駅であるし、花見シーズンは桜の名所に近いとあってそれなりの人数で混雑するはずなのだが。

元気ハツラツ市 ローカル鉄道博覧会 in おおがき

愛知環状鉄道での撮影を終え、岡崎経由で大垣へと向かう。
目的はローカル鉄道博覧会 in おおがき。
この日、出店していた鉄道事業者は、上の写真に写っている列では、

・JR貨物
・近江鉄道
・くま川鉄道
・若桜鉄道
・いすみ鉄道
・和歌山電鐵

の6社。
東は千葉から、西は鳥取からと全国的な集まり。

元気ハツラツ市 ローカル鉄道博覧会 in おおがき

一方その裏にある列では、

・愛知環状鉄道
・伊賀鉄道
・三岐鉄道
・伊勢鉄道
・四日市あすなろう鉄道
・名鉄広見線活性化協議会
・長良川鉄道
・明知鉄道
・養老鉄道
・樽見鉄道

の9社の鉄道事業者と1協議会が出店していた。
こちらは東海三県で集められている様子。
普段は滅多にお目にかかれない伊勢鉄道のグッズ目当てに来てみたのだが、到着した時間が遅い、そもそも数をそんなに用意していないとあって、チョロQぐらいしか売っていなかった。
また、いすみ鉄道ではお菓子などが売っていたが、欲しいと思う物は無かったので何も購入せずなどなど、一部例外はあるが、基本的には全事業者のブースを回って記念品を買い漁ることをやっていた。
記念切符買ったり、グッズを買ったり、カレーを買ったり。

元気ハツラツ市

ローカル鉄道博覧会はあくまでも今月開催の元気ハツラツ市の一部であり、商店街や商工会関係の出店以外にも、JAFとか地元の高校とか、こういうバス・タクシー会社も展示。

元気ハツラツ市

大垣銀行とか大垣ケーブルテレビも展示していて、大垣銀行の移動式店舗はどんな感じか外からチラッと観察。
ところで、災害時でも提携先のキャッシュカードって利用できるんだろうか。
こっちの方はUFJの店舗がほとんど無いから、いざという時は他銀行の移動式店舗を使うことになるかと思われるが・・・・・・。

大垣城

駅へ向かって歩いていると、突如現れた大垣城への案内板と、大垣城天守閣。
こんなに近くに立っていると言うことは、この商店街は二の丸だとか三の丸のエリア内なのだろうか。
大垣城に行くこともチラリと考えたが、手には大量のものがあるので断念し一路大垣駅へ。

ハイモ295-510形気動車 大垣駅

そしたら、前回樽見鉄道を訪れたときは事故の影響で工場内で眠っていたハイモ295-510形気動車の姿がそこに。
部品が入手できずなかなか復帰できないと聞いて心配だったが、無事に復活して何よりである。

では、ここで。
スポンサーサイト
[ 2018/12/05 02:05 ] 尾張建探訪日記(仮) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

尾張建

Author:尾張建
愛知県出身・栃木県在住。鉄道ファンで、F1・WECを毎年観戦し、下道で日帰りツーリングをし、たまにドラゴンズを観戦する元ベースボールプレイヤー。小学生まではサッカーをやっていて、一応博士号持ちの男。
就職に伴いパジェロジュニアを手放す。その次・そのまた次はパジェロイオとパジェロミニに乗り、最終的に親パジェロに乗ることを狙っているのだが・・・・・・。
10月29日生まれ。

尾張建の撮影記録
尾張建の撮影記録
使用機材:Canon EOS 7D、Canon EOS M、Canon PowerShot S95、Canon EOS 20D
バックナンバー
ドロップダウンリストから選択
--------------------------

©Plug-in by ASIA SEASON
全記事表示リンク