FC2ブログ

尾張建の今日の出来事

今日に限らず起きた出来事を、時には写真付きで、時には偉そうに意見したりして書いていくそんなブログです。
尾張建の今日の出来事 TOP  >  尾張建の鐵道日誌 >  山陰迂回貨物をDD51の最後の花道として飾るかどうか。

山陰迂回貨物をDD51の最後の花道として飾るかどうか。

ども、尾張建です。

西日本豪雨でJR西日本・山陽線が寸断。「山陰貨物」復活の可能性は?
https://wpb.shueisha.co.jp/news/society/2018/07/23/106663/

大動脈の東北本線や東海道本線では日本海縦貫線が迂回ルートとして使用可能に対し、その一翼である山陽本線には何も無かったわけで。
今回の災害では、大阪-北九州間の貨物輸送ルートがいかに脆弱なものであったかを、思い知らされる結果になったかと。
もちろん山陰本線で貨物の需要が無いからこその結果であることは十分承知しているが。
免許だけでも保持しておくようなリスクマネジメントはしておくべきだったのではないだろうか。

仮に山陰貨物を復活させるとしたら、いろいろと問題はあるが、その一つがディーゼル機関車をどうかき集めるか。
現実的な落としどころとしては、JR貨物愛知機関区の半分引退しかけDD51と新鋭機DF200、JR西日本のDD51をかき集めることか。
それを実行するとなると愛知機関区では間違いなくディーゼル機関車が足らなくなるわけで
それを防ぐため、北海道から次々とDF200を転属させて関西線の貨物列車に投入することだろう。
そして迂回輸送が終わった頃には十分な数のDF200が揃っているので、迂回輸送を最後の花道としてDD51は完全引退、となりそうである。
とはいえ、11月には復旧するようなので、残り3ヶ月、準備期間を考慮すれば2ヶ月ぐらいと短期間。
その上、あんまり効果が期待できないとなると、そこまでやる意味があるのかどうか非常に怪しいところではある。

では、ここで。
スポンサーサイト
[ 2018/07/23 23:38 ] 尾張建の鐵道日誌 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

尾張建

Author:尾張建
愛知県出身・栃木県在住。鉄道ファンで、F1・WECを毎年観戦し、下道で日帰りツーリングをし、たまにドラゴンズを観戦する元ベースボールプレイヤー。小学生まではサッカーをやっていて、一応博士号持ちの男。
就職に伴いパジェロジュニアを手放す。その次・そのまた次はパジェロイオとパジェロミニに乗り、最終的に親パジェロに乗ることを狙っているのだが・・・・・・。
10月29日生まれ。

尾張建の撮影記録
尾張建の撮影記録
使用機材:Canon EOS 7D、Canon EOS M、Canon PowerShot S95、Canon EOS 20D
バックナンバー
ドロップダウンリストから選択
--------------------------

©Plug-in by ASIA SEASON
全記事表示リンク