FC2ブログ

尾張建の今日の出来事

今日に限らず起きた出来事を、時には写真付きで、時には偉そうに意見したりして書いていくそんなブログです。
尾張建の今日の出来事 TOP  >  尾張建の鐵道日誌 >  吹田貨物-広島間でひたすら山陽貨物を撮る

吹田貨物-広島間でひたすら山陽貨物を撮る

ども、尾張建です。

単1480レ(EF200-2+EF510-2+EF210-305) 吹田貨物タ

今年のGW最大の目的はこの三重単(機関車3両のみで構成)。
本来であれば先頭に立つ運用に入るのはEF210なわけだが。
期間限定?でダイヤ改正前と同様にEF200がこの運用に入っており、しばらくの間はこの3機種3両組み合わせ、カラーバリエーションで言えば、計6パターンを見ることができる。
が、土休日だと例外が生じることがあるようで、GW前に挑戦したときは残念ながら実現せず。
それならばと、GW中盤にある平日(会社は休み)で撮る機会をずっと窺っていた。
平日とあってか同業者は一切おらず、任意の構図で無事に撮影成功。
惜しむべくは曇天であることだが、晴れ間が出ていたら出ていたらで、EF200-2のフロント部分は暗くなっていたことを考えると、これがベストなのだろう。

単1482レ(EF210-146+EF66 127+EF66 116) 吹田貨物タ

ちなみに1時間後にはもう一つの三重単を拝める。
こちらは他の機関車が入ることはなかなか無い様子なので、毎回ほぼこの組み合わせになるだろう。

その他撮った写真



時系列はバラバラだが、西から順番に。

5071レ(EF66 27) 広島

今回のGWで最も西へ行ったのは広島駅まで。
多くの特急列車が発着していた広島駅だが、今や新幹線のみであり、在来線ホームを発着する特急列車は一切無い。
かつての寝台特急を彷彿させる、長大な貨物列車を牽引する姿しか見られない。

夕暮れ時の広島貨物タ

広島駅の東側に広がる、夕暮れ時の広島貨物ターミナル駅。
なお、非常に分かり辛いが写真の左奥にはマツダスタジアムがある。
広島駅から近いとあって、この日、広島駅構内は真っ赤だった。

2086レ 東尾道-尾道

澄んだ空気を求めて何度も挑戦している尾道俯瞰構図だが、この日もPM2.5のせいか霞んでいた。
なお、この時点では脱走犯は対岸にある向島に潜伏中とされていた頃。

2081レ 東尾道-尾道

2081レ 東尾道-尾道

上り列車は写真の隅に貨物列車を配置できるので分かりやすいが、下り列車の場合はどうしても中央寄りに配置せざるを得ないので、ウォーリーを探せ状態。
尾道らしい構図との両立はなかなか難しい。
別アングルを探るべきか。

1051レ 東福山

大半の貨物列車が運休もしくは積み荷を大幅に減らして運行する中、ほぼフル積載で走っていたのが宅配便の貨物列車。
奮闘するその勇姿は、子供の目にしっかりと映ったことだろう。
ちなみに、積み荷を半分ほどに減らした場合は、

2081レ 高島

こんな感じの姿になる。
ハイパワー機に不釣り合いな姿である。

2081レ 舞子-朝霧

三重単と尾道俯瞰構図以外に撮りたいと思っていたのが、明石海峡大橋とのコラボ。
いつもはEF200が入っている2081レが、この日は珍しくEF210が運用入り(本来はこれが所定運用なわけだが)。
練習も兼ねて撮りに行ったのだが、どうもこの場所だと上り列車と被るようで。
この日はGW中らしく荷物が無い状態だったため撮影できたものの、本来はコンテナで姿を隠されて撮れないはず。
どうしたもんかな。

2086レ 舞子ー朝霧

明石市立天文科学館の時計塔とのコラボ。
こちらは邪魔されることなく撮影可能。
架線柱が結構存在感を示すが気にしない。

2081レ さくら夙川

2080レ さくら夙川

GW中、二日間は雨が降る予報があったのだが、降ったのはこの一日だけ。
概ね天気に恵まれたGWというわけだが、雨の写真はそれはそれでなかなか撮れないので、特に車を持っていない今の状況では、ちょっと残念な気もする。

1071レ さくら夙川

長期休暇中だとよく出現するフレームライナー。
これはこれでおいしいシチュエーションである。

1059レ 新大阪

おおさか東線の開業へ向けて工事が進む、新大阪駅1・2番ホーム。
その脇を貨物列車が駆け抜ける。
信号とか地上設備の設置状況にも依るが、下り貨物列車の撮影スポットになりそう。
新大阪駅なのでここで撮影したのち、新幹線に乗って追い掛けて別の場所で再度撮影、なんてことが可能に。


59レ 吹田貨物タ

吹田駅にて、雨中の59レを撮影。
59レもダイヤ改正以後、所定はEF210のところがEF200の代走が続く貨物列車の一つ。
雨が降って光が反射するお陰か、主立った光源がホームしか無い状況でも明るい。

55レ 吹田貨物タ

福山通運専用の貨物列車、福山レールエクスプレス。
GW中でも福山通運カラーのコンテナを満載にして走行。
現在3往復が運行中。
また、佐川急便ではスーパーレールカーゴを1往復運行中。
この2社に続いて、西濃運輸が5月7日から貸切列車を運行開始した様子。

東海道・武蔵野・東北線における西濃運輸株式会社一部貸切貨物列車の運転開始について ※PDF
http://www.jrfreight.co.jp/common/pdf/news/180424%20seino.pdf

今思えば、

吹田貨物タ 西濃コンテナ

吹田貨物の一角に多数の新造(再塗装?)コンテナ車と西濃コンテナがまとまって留置されていたのは、5月7日からの運行開始に備えていたからなのか。
撮るとしたら吹田発の方は東北本線で、仙台発の方は東海道本線か。

単1482レ 吹田貨物タ

単1482レ(EF66 125+EF66 130) 吹田貨物タ

平日だった5月2日では冒頭の写真のように三重単を撮れたのだが、休日になった5月3日ではこんな状況に。
5月2日出発の貨物列車を牽引していた機関車が、この三重単を構成するはずなのだが……。

単1489レ(EF200-2+EF66 114) 吹田貨物タ

夜は夜でこの重単が走る。
この重単もまた、所定はEF210とEF66なのだがEF210の代わりにEF200がよく代走で入る。

単1489レ(EF200-2+EF66 114) 吹田貨物タ

EF200はEF66よりも全長は1.2mも長い。
若干斜めに撮影しているというのもあるが、こうしてみるとEF200の車体が数値上だけでなく視覚的にも非常に長いことが分かる。

貨物列車の運行が大幅に減るGW中であり、正直厳しい結果に終わることも覚悟したが、EF200が先頭の三重単が撮れただけで満足である。
明石海峡大橋と尾道については再挑戦をしたいところ。
では、ここで。
スポンサーサイト
[ 2018/05/19 20:45 ] 尾張建の鐵道日誌 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

尾張建

Author:尾張建
愛知県出身・栃木県在住。鉄道ファンで、F1・WECを毎年観戦し、下道で日帰りツーリングをし、たまにドラゴンズを観戦する元ベースボールプレイヤー。小学生まではサッカーをやっていて、一応博士号持ちの男。
就職に伴いパジェロジュニアを手放す。その次・そのまた次はパジェロイオとパジェロミニに乗り、最終的に親パジェロに乗ることを狙っているのだが・・・・・・。
10月29日生まれ。

尾張建の撮影記録
尾張建の撮影記録
使用機材:Canon EOS 7D、Canon EOS M、Canon PowerShot S95、Canon EOS 20D
バックナンバー
ドロップダウンリストから選択
--------------------------

©Plug-in by ASIA SEASON
全記事表示リンク