尾張建の今日の出来事

今日に限らず起きた出来事を、時には写真付きで、時には偉そうに意見したりして書いていくそんなブログです。
尾張建の今日の出来事 TOP  >  尾張建の鐵道日誌 >  EF200-20/19代走・5085/5070レ

EF200-20/19代走・5085/5070レ

ども、尾張建です。

某掲示板で運用の目撃情報を眺めていたら、愛知に戻れば先週の土日2日連続でEF200が撮れると判明。
と、なると、

EF200-20 5085レ
EF200-20代走・5085レ 逢妻-大府

行かねば。
大府駅南にある国道366号バイパスの跨線橋から撮影。
EF200目当てで愛知へ戻ったのだが、そのおかげで、

EF66 120+EF64 1013(ムド) 5091レ
EF66 120+EF64 1013(ムド) 5091レ 逢妻-大府

EF64が無動力回送されるという場面に遭遇。
滅多に見られないシーンを納めることができ、急遽戻った甲斐があるというもの。

以下略。


午後は場所を移し、下地駅へ。
この駅へは何度か訪れているが、大抵いつも風が吹き荒れている。
築堤上にあって、さらに豊川を通って海から風が吹きやすいからだろうか。
そのせいで、長い望遠ズームレンズだと風に煽られやすく、安定して構えるのが難しい。

急行岐阜行きVS特別快速大垣行き
急行岐阜行きVS特別快速大垣行き 下地駅

豊橋駅からこの下地駅付近までは、東海道本線と名鉄本線・飯田線が並走しているので、こんなシーンも撮れる。
特別快速相手となると、急行では勝てない。
快速特急を登板させねば。
しかし、豊橋発の快速特急は新鵜沼行きしか無いという現実(平日は朝晩に計3本ある)。

EF66 104 2079レ
EF66 104 2079レ 下地駅

鮫さんドアップ。

EF210-129 1054レ快速特急新鵜沼行き
EF210-129 1054レ、快速特急新鵜沼行き 下地駅

使用している線路のゲージ幅は同じでも、車体まで同じ設計とはならないわけで。
車体の長さもがJR在来線と比べて短い名鉄だが、どうやら幅も短い模様。

EF210-19 5070レ
EF210-19代走 5070レ 下地駅

この直後に下り列車が左側から現れ夕日を遮るので、その直前に撮った写真にトリミング・マジックをかける。
この場所で順光の状態で撮るには午前中に行くしかないのだが、果たして撮りに行ける日に走ることはあるのだろうか。

翌28日日曜日。
この日は大高駅へ移動。

EF210-139 1071レ
EF210-139 1071レ 大高駅

EF210-19 5085レ
EF210-19代走 5085レ 大高駅

午前中に撮るのなら側面に光が当たるのだが、正面に光を当てようとすると午後になる。
ただし、その場合は今度は側面に光が当たらなくなるというジレンマ。

では、ここで。
スポンサーサイト
[ 2017/06/04 01:02 ] 尾張建の鐵道日誌 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

尾張建

Author:尾張建
愛知県出身・栃木県在住。鉄道ファンで、F1・WECを毎年観戦し、下道で日帰りツーリングをし、たまにドラゴンズを観戦する元ベースボールプレイヤー。小学生まではサッカーをやっていて、一応博士号持ちの男。
就職に伴いパジェロジュニアを手放す。その次・そのまた次はパジェロイオとパジェロミニに乗り、最終的に親パジェロに乗ることを狙っているのだが・・・・・・。
10月29日生まれ。

尾張建の撮影記録
尾張建の撮影記録
使用機材:Canon EOS 7D、Canon EOS M、Canon PowerShot S95、Canon EOS 20D
バックナンバー
ドロップダウンリストから選択
--------------------------

©Plug-in by ASIA SEASON
全記事表示リンク