尾張建の今日の出来事

今日に限らず起きた出来事を、時には写真付きで、時には偉そうに意見したりして書いていくそんなブログです。
尾張建の今日の出来事 TOP  >  尾張建の鐵道日誌 >  貨物列車は諦めて中央西線を撮る

貨物列車は諦めて中央西線を撮る

ども、尾張建です。

平日だった1、2日や、その翌日の3日は貨物列車がそれなりに走っていたが、4日になると案の定壊滅的状況となったので、5日は潔く諦めて旅客列車のみに狙いを絞る。

中央西線快速列車 恵那-武並間

去年同様、GWは丁度田植えを始める時期なので、4、5日と中央西線で水鏡の写真に挑戦。
とはいえ、勾配区間&田んぼ自体が段になっているので、純粋なものはできないわけだが。

以下略。


水鏡の写真を田んぼでやろうとすると、

1. 水が田んぼ全体に張られていること
2. 無風状態
3. 水面が線路よりも低い位置にある

あたりが必須条件か。
綺麗な写真を撮ろうとすると、

4. 水が濁っていないこと
5. 雑草等が水面から出ていないこと
6. 浮遊物がないこと
7. 線路が水鏡とする田んぼよりも全て高い位置にあること

が追加条件だろうか。

中央西線快速列車 恵那-武並間

1枚目も2枚目も撮れていることは撮れているのだが、5~7を満たしていないので、綺麗な水鏡の写真にはなっていない。
7.に関してはこの場所では仕方が無いし、先頭部分や青空を水鏡に写すという手段があるからいいのだが、5.を満たしていないことが大きいか。

ワイドビューしなの 恵那-武並間

これも田植えシーズンならではの光景なので、これはこれで一つの絵にはなるのだが、良いタイミングで写る場所に必ずいる田植え爺さん。

ワイドビューしなの 恵那-武並間

水鏡の写真を狙っていない&撮影方向を変えたときも、必ず写る。
(列車最後尾付近にある踏切が上三つの写真の撮影ポイント。

ワイドビューしなの 恵那-武並間

丁度写る場所では無いタイミングで撮れた、と思ったら風が吹いて水面に波紋が。
ちなみに。
4回ほどの撮影に対して、うち3回は写り込むという強敵だった。
人がいない状態で撮りたく、また肝心なときに失敗していたこともあって、この5日に再びこの地を訪れて挑戦。
が、

ワイドビューしなの 恵那-武並間

綺麗な青空で、田植え爺さんもおらず、無事に撮影に成功したのだが、今度は水鏡とする田んぼに水が無いという。
水鏡の写真って、難しい。
去年撮った、

水面に映るワイドビューしなの

この写真は結構奇跡的だったんだな、と今思う。
線路脇に邪魔になる草が一切生えていないという奇跡も重なっているし(今年はかなり生えていたので、この構図は諦めていた)。

では、ここで。
スポンサーサイト
[ 2017/05/07 00:50 ] 尾張建の鐵道日誌 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

尾張建

Author:尾張建
愛知県出身・栃木県在住。鉄道ファンで、F1・WECを毎年観戦し、下道で日帰りツーリングをし、たまにドラゴンズを観戦する元ベースボールプレイヤー。小学生まではサッカーをやっていて、一応博士号持ちの男。
就職に伴いパジェロジュニアを手放す。その次・そのまた次はパジェロイオとパジェロミニに乗り、最終的に親パジェロに乗ることを狙っているのだが・・・・・・。
10月29日生まれ。

尾張建の撮影記録
尾張建の撮影記録
使用機材:Canon EOS 7D、Canon EOS M、Canon PowerShot S95、Canon EOS 20D
バックナンバー
ドロップダウンリストから選択
--------------------------

©Plug-in by ASIA SEASON
全記事表示リンク