尾張建の今日の出来事

今日に限らず起きた出来事を、時には写真付きで、時には偉そうに意見したりして書いていくそんなブログです。
尾張建の今日の出来事 TOP  >  尾張建の鐵道日誌 >  貨物列車は諦めてディーゼル特急を撮る

貨物列車は諦めてディーゼル特急を撮る

ども、尾張建です。

貨物列車が軒並み運休となっておとなしくなるのとは対照的に、活発に動き回って編成が豪華になるのが、

ワイドビュー南紀と名駅ビル群

特急列車たち。
写真は、名駅到着直前の「南紀」と名駅ビル群のコラボ。
普段は4両編成だけど、この時期は1両追加。
Wikipedia情報だと最大6両編成らしいのだが、朝一番の列車だろうか?

タイトルはディーゼル特急だけど、結局この写真以外は全て「ひだ」という今年のGW。
以下、「ひだ」の写真。



ワイドビューひだ 尾張一宮駅

普段は富山発3両+高山発4両らしい「ひだ8号」。
この日(5/3)は、高山発が中間車1両を追加した5両編成になっていて、3+5両編成になっていた。

ひだ 3+1+1+3両編成 岐阜駅

岐阜駅に進入する「ひだ14号」。
「ひだ8号」と同様に8両編成なのだが、元々は富山発3両と高山発3両、計6両編成で、それぞれ先頭車両1両を追加したため、

ひだ 先頭車3両 岐阜駅

編成の途中に先頭車両が4両(写真では3両しか写っていない)集まることに。
これをNゲージで再現しようとすると、先頭車両を買い集める必要があるのだが、セット品になっているものしか売っていない様子。
Nゲージの世界では、中間車が余りまくる事態になりそうである。

ひだ16号+36号 発車案内 岐阜駅

17時台で高山方面からやってくる列車は、名古屋行き「ひだ16号」と大阪行き「ひだ36号」の併結列車。

ひだ36号 岐阜駅

JR東海管内で唯一見られる、大阪行きの列車。
「ひだ」以外では、大阪行きの「しなの」が廃止となった今、新幹線の新大阪行きぐらいしか無いのである。

ひだ36号 岐阜駅

大阪-名古屋間の経路が新幹線とほぼ被っていた「しなの」とは異なり、名古屋-岐阜間を一旦折り返す必要があるため、大阪発着「ひだ」はまだ存続できそうではあるが。

では、ここで。
スポンサーサイト
[ 2017/05/06 15:15 ] 尾張建の鐵道日誌 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

尾張建

Author:尾張建
愛知県出身・栃木県在住。鉄道ファンで、F1・WECを毎年観戦し、下道で日帰りツーリングをし、たまにドラゴンズを観戦する元ベースボールプレイヤー。小学生まではサッカーをやっていて、一応博士号持ちの男。
就職に伴いパジェロジュニアを手放す。その次・そのまた次はパジェロイオとパジェロミニに乗り、最終的に親パジェロに乗ることを狙っているのだが・・・・・・。
10月29日生まれ。

尾張建の撮影記録
尾張建の撮影記録
使用機材:Canon EOS 7D、Canon EOS M、Canon PowerShot S95、Canon EOS 20D
バックナンバー
ドロップダウンリストから選択
--------------------------

©Plug-in by ASIA SEASON
全記事表示リンク