尾張建の今日の出来事

今日に限らず起きた出来事を、時には写真付きで、時には偉そうに意見したりして書いていくそんなブログです。
尾張建の今日の出来事 TOP  >  尾張建の鐵道日誌 >  貨物列車のダイヤが読めないので、特急列車狙いにすべきか

貨物列車のダイヤが読めないので、特急列車狙いにすべきか

ども、尾張建です。

GWに突入したので、実家へ帰還&撮影。
撮りたいものはいくらでもあり、まずは貨物列車から撮影することにして出撃。
カレンダー上は平日ではあるが、GW中のため貨物列車のダイヤがかなり変則的になっており、運休が相次ぐ中、EF200-20が5071レに投入された情報をキャッチ。
通過する時間帯には雨に降られる可能性があったが、伊吹山をバックにした撮影のリベンジを決行。

雨が降ってきて木の下で雨宿りしたり、特急列車や普通列車でいろいろと構図をシミュレートしながら、その刻を待つ。
が、その最中、入ってきたのは単機(牽引する貨車ゼロの単独走行)で野田新町駅を通過したという情報。
つまりは、

EF210-140牽引・1071レ 近江長岡
練習がてら撮った5071レの一本前を走る1071レ

このような写真を撮ることができない。
残念ではあるが、単機走行は、それはそれで貴重な光景なので引き続き待機。
次いで入った情報が、清洲を30分遅れで走行という情報。
このとき、東海道線では踏切の安全確認によるダイヤの乱れが発生していた。
30分ぐらいなら待つか、と田植え作業をしている横で一人待ち続ける。
定刻より30分経過するが、来ない。
旅客列車を優先するため、遅れが拡大することはよくあること。
1時間経過するが、これまた来ない。
まぁ、30分さらに遅れることはよくあること。
1時間半経過。
・・・・・・来ない。
おかしい。
1時間遅れならまだ分かるが、1時間半経っても来ないというのはおかしい。
それに気になるのは、清洲以西の目撃情報が出てこないこと。
もしかして稲沢止まり?
途中ですれ違いになる恐怖と戦いながら稲沢へ向かう。

EF200-20&EF510-20 稲沢駅

いた。
鯨20号機は、稲沢でぐーすか昼寝していた。
近江長岡まで行ったのは、とんだ無駄足だった。
まぁ、レッドサンダーと20号機同士のツーショットを撮れる位置に留まっていたからから良しとしよう。

ちなみに、この写真。
結構難儀して撮影。
結果から言えば、100-400mmで十分で、それを持ってきていれば苦労しなかったのだろうけど(それでも389mmで撮影とぎりぎり)。
150-600mmという重たくて静止して持つのが難しいレンズに、左右に建っている架線柱を写さない、かつ機関車の両端にはある程度の隙間を空けるとなると、これまた結構大変。
30分ぐらいかけてようやく成功したのが、上の写真。

以下、その他に撮った写真(貨物列車のみ)。



稲沢駅機関車群

稲沢駅の南にある跨線橋から、撮る。
この写真の中に、EF64、EF66 100番台、EF200、EF210、EF510、DD51、DE10、計7種類の機関車が写っているという。
こういう多種多様な機関車が並ぶ光景はなかなか見られないと思う。

清洲駅には同業者がいたので、枇杷島駅へ移動。
光線の向きがいろいろと厳しいが、自分の腕とDPP編集の威力を信じて撮影開始。

EF64 1015牽引・2070レ 枇杷島駅

岐阜貨物ターミナル発名古屋貨物ターミナル行きの貨物列車、2070レ。
区間が短く、GW中だったとしても、荷物はあることはあるらしい。

DD51 875+891牽引・8072レ 枇杷島駅

DD51重連によるタンク車牽引。
DF200ディーゼル機関車が愛知機関区(稲沢駅にある)に配置され始めれば、この光景は見られなくなる。
今のところは1両しか配置されていないし、そもそも本格的に運用されていないことを考えれば、まだ時間的猶予はあるんだろうけど。

EF64 1023+1018牽引・8081レ 枇杷島駅

日が暮れる枇杷島駅を通過する8081レ。
これまでは日が暮れると撤収していたのだが、この日は暗くなっても撮り続けてみる。

DD51 875+891牽引・5283レ 枇杷島駅

日が暮れた枇杷島駅を通過する5283レ。
白ホキです。
強力なヘッドライトのせいで、ピント合わせは勘でやるしかない。
ナンバープレートのピントがボケているが、側面はピントが合っているので、及第点でしょう。

日が暮れても枇杷島駅に残り続けたのは、

EF510-20牽引・1253レ 枇杷島駅

こいつを撮るため。
EF510-20牽引の1253レ。
名古屋にEF510が乗り入れる日が来るとはまったく思いもしなかった。
EF510には、新潟で撮ったように青色のやつとか銀色のやつがいるので、それらも撮っておきたいところ。

では、ここで。
スポンサーサイト
[ 2017/05/01 23:59 ] 尾張建の鐵道日誌 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

尾張建

Author:尾張建
愛知県出身・栃木県在住。鉄道ファンで、F1・WECを毎年観戦し、下道で日帰りツーリングをし、たまにドラゴンズを観戦する元ベースボールプレイヤー。小学生まではサッカーをやっていて、一応博士号持ちの男。
就職に伴いパジェロジュニアを手放す。その次・そのまた次はパジェロイオとパジェロミニに乗り、最終的に親パジェロに乗ることを狙っているのだが・・・・・・。
10月29日生まれ。

尾張建の撮影記録
尾張建の撮影記録
使用機材:Canon EOS 7D、Canon EOS M、Canon PowerShot S95、Canon EOS 20D
バックナンバー
ドロップダウンリストから選択
--------------------------

©Plug-in by ASIA SEASON
全記事表示リンク