尾張建の今日の出来事

今日に限らず起きた出来事を、時には写真付きで、時には偉そうに意見したりして書いていくそんなブログです。
尾張建の今日の出来事 TOP  >  尾張建の鐵道日誌 >  雪が積もっていない1月の新潟で糸魚川駅を撮る

雪が積もっていない1月の新潟で糸魚川駅を撮る

ども、尾張建です。

糸魚川 駅名標

こないだの3連休(1月7~9日)の最終日は糸魚川駅へ。

以下略。



485系信越本線快速列車 糸魚川駅

糸魚川駅で発車の刻を待つ485系快速列車。
廃止となると、この光景は見られなくなる。

485系+EF510-22牽引・4091レ 糸魚川駅

と、そこへEF510-22牽引・4091レが待避線へ入ってくる。
この貨物列車が停車している間に快速列車は発車するので、あまりゆっくりしていると、二つ上のような写真を撮ることができなくなる。

大糸線普通列車 糸魚川駅

糸魚川駅名標とJR大糸線の普通列車。
在来線の駅自体はJR西日本とえちごトキめき鉄道の共同使用駅ではあるが、駅名標などはえちごトキめき鉄道仕様である。
このホームの部分だけでもJR西日本仕様でも良さそうではあるが。

大糸線普通列車とキハ52

建物の中になんかいる。

糸魚川ジオステーション ジオパル キハ52待合室

北陸新幹線の高架下1階に糸魚川ジオステーション ジオパルという交流施設があり、観光案内所の隣に待合室があるのだが、そこにキハ52が静態保存されている。
待合室に静態保存しているとあって、キハ52自体も待合室として使っている。

糸魚川ジオステーション ジオパル 屋外展示用レール

イベント時にはこのレール上を移動させて、キハ52を屋外へ出している模様。

糸魚川駅 アルプス口駅舎

糸魚川駅のアルプス口(南口)側の駅舎構造はこんな感じ。
1階に糸魚川ジオステーション ジオパルが、2階に改札口等があって、3階に新幹線ホームである。
外壁で所々にストライプが入っているのは、地層や断層を示しているそうで。
糸魚川-静岡構造線や世界ジオパークに糸魚川が指定されているので、こういうデザインになったそうだ。

えちごトキめき鉄道+大糸線改札口

これはえちごトキめき鉄道とJR大糸線の改札口。

北陸新幹線改札口

こっちは北陸新幹線の改札口。
なんだろう。
規模や設備内容としてはもちろん北陸新幹線の方が上なのだが、改札口前の通路が一旦狭まっている分、新幹線の方が窮屈でコンパクトに見える。
えちごトキめき鉄道・JR大糸線の改札口の方が、広くて開放的に感じる。

はくたか553号+558号 糸魚川駅

上下列車が同時刻(実際は秒単位で異なる。0秒と30秒でも同じ時・分になる)に発着するタイミングに遭遇したので、パシャリと。
糸魚川駅でも例に漏れず、スノーシェルター構造である。
ただ、線路は2本しか無いので反対側から列車全体を邪魔されること無くとれるかと思いきや、今度はホームドアのせいでなかなか撮れない。
新幹線だからそこは仕方が無い。

新幹線ホームであーだこーだしているうちに入場券の有効時間が切れそうになったので、出場。
そして何気なくえちごトキめき鉄道のホームへ行くと、

えちごトキめきリゾート雪月花 糸魚川駅

えちごトキめきリゾート雪月花が停まっているではないか。
写真で見たことはあったが、こうして実物を見るのは初めて。

えちごトキめきリゾート雪月花 糸魚川駅

赤い。
とにかく赤い。
上越妙高と表示された下にある白いプレートには、写真では全く読めないが、今季の運行テーマ?である「冬だけの 雪月花」と書いてある。
これが今回だけの特例なのかどうかは不明だが、もしかしたら運行テーマに合わせたデザインのプレートがいれられるのかもしれない。

えちごトキめきリゾート雪月花 糸魚川駅

上越妙高側の先頭付近。
ぐるっと360度回転しそうな椅子が見える。
その右隣には、対面式のシートとテーブル、そして積まれた木箱の弁当箱が見える。
飲み物が普通のミネラルウォーターのペットボトルとは風情が無い。
一部分にラベルがあるタイプじゃ無くて、全体がラベルで覆われたタイプにすれば良いのに。
そうすれば雪月花に合わせた赤色のデザインにもできるし、冬だけの雪月花らしく、白が基調のデザインにもできるのに。

えちごトキめきリゾート雪月花 糸魚川駅

運転席の反対側には、バーが設置されている模様。
カウンターの上には鏡餅が置かれ、壁には何本ものボトルがかけられている。

えちごトキめきリゾート雪月花 糸魚川駅

先頭部分にはしめ縄がかけてあり、カウンターの鏡餅と合わせて正月の雰囲気を十二分に漂わせる。

えちごトキめきリゾート雪月花 糸魚川駅

前にも書いたが、糸魚川大火で被災した料亭が、被災後初めて弁当を提供する週とあって、ホームから料亭の関係者が雪月花を見送る。

今月は整備のため、この3連休以降運行されていないが、2月中旬からは毎週土日に運行するようで。
2月あたりにもう1回行って、雪景色の中を走る雪月花を、485系や貨物列車を含めて撮りたいところ。

では、ここで。
スポンサーサイト
[ 2017/01/20 23:02 ] 尾張建の鐵道日誌 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

尾張建

Author:尾張建
愛知県出身・栃木県在住。鉄道ファンで、F1・WECを毎年観戦し、下道で日帰りツーリングをし、たまにドラゴンズを観戦する元ベースボールプレイヤー。小学生まではサッカーをやっていて、一応博士号持ちの男。
就職に伴いパジェロジュニアを手放す。その次・そのまた次はパジェロイオとパジェロミニに乗り、最終的に親パジェロに乗ることを狙っているのだが・・・・・・。
10月29日生まれ。

尾張建の撮影記録
尾張建の撮影記録
使用機材:Canon EOS 7D、Canon EOS M、Canon PowerShot S95、Canon EOS 20D
バックナンバー
ドロップダウンリストから選択
--------------------------

©Plug-in by ASIA SEASON
全記事表示リンク