尾張建の今日の出来事

今日に限らず起きた出来事を、時には写真付きで、時には偉そうに意見したりして書いていくそんなブログです。
尾張建の今日の出来事 TOP  >  尾張建の鐵道日誌 >  三重県はナローゲージ王国。日本にある6路線中3路線があり、四日市にはうち2路線がある

三重県はナローゲージ王国。日本にある6路線中3路線があり、四日市にはうち2路線がある

ども、尾張建です。

年末年始の休みで、せっかく愛知へ帰ったのだからと、

四日市あすなろう鉄道あすなろう四日市駅

四日市あすなろう鉄道へ行ってみた。
ナローゲージであることは昔から知っていたのだが、近くにあるにもかかわらず一度も行ったことが無かったので。

以下略。


ナローゲージ、日本語訳で狭軌とは、新幹線等で用いられている標準機・軌間(ゲージ、レールとレールの間隔)1,435mmよりも狭い線路のことを指す。
そのため、本来の意味ではJR在来線や私鉄各社(名鉄等)で多く採用されている1,067mmも狭軌でありナローゲージではあるのだが。
日本では大抵「狭軌」と言うと1,067mmのことを指し、「ナローゲージ」というと今回訪れた四日市あすなろう鉄道などが採用する762mmのことを指している。

ゲージが小さくなると当然の事ながら車体も小さくなるので、

四日市あすなろう鉄道 260系電車

運転手に対して車体の大きさはこんな感じとなる。
車体幅がおよそ3mあるJR在来線車両と比べて、人間一人分ぐらい小さくなっている感じ(2.1m)。

四日市あすなろう鉄道赤堀駅

あすなろう四日市駅を出発する赤堀駅に着く。
何故かは不明だが、でっかい木に寄り添うようにしうて駅舎が建っている。
この赤堀駅の次は、

四日市あすなろう鉄道日永駅

西日野駅へ向かう八王子線と内部駅へ向かう内部線の分岐駅である日永駅に到着。
八王子線の列車は内部線へ乗り入れて四日市駅を発着しているため、両方の路線が走る四日市から日永までは1時間あたり上下8本ある。
日永駅以遠では半分の上下4本となる。
ローカル鉄道に分類される方ではあるはずなのだが、四日市という都市を走るとあって運転本数は多い。

四日市あすなろう鉄道西日野駅

日永駅から一駅で、八王子線の終着駅、西日野駅に着く。
昔はここから先に線路が続いていたそうだが、そのような痕跡は駅周囲には見当たらない。

四日市あすなろう鉄道南日永駅

内部線での日永駅の次駅は南日永駅。
えらい駅舎が古く見えるのだが、耐震性とか大丈夫だろうか。

四日市あすなろう鉄道泊駅

上下列車の行き違いが行われるのは、大半がこの泊駅。
日永駅でも上下列車の行き違いが行われているが、どちらかというと、八王子線と内部線の列車の行き違い。
泊駅のような行き違いが行われる駅を如何に利用するかが、全駅制覇を効率良く進めるコツ。
なので、ブログ上では四日市駅から、終着駅の西日野・内部駅への写真を載せているが、実際は行ったり戻ったりを繰り返している。
通常の切符だとキセル扱いになるので、フリー切符を使うのが必須条件。

四日市あすなろう鉄道泊駅

泊駅にあった、危険物持ち込み禁止の看板。
ガソリンとかカセットボンベとかそういった類いのものは持ち込み禁止というアナウンスやポスターはあるが、こうして看板にしている例はなかなか見ない。


四日市あすなろう鉄道追分駅

近鉄と一体化している四日市駅は別として、それ以外では最も立派な駅舎と言えるのがこの追分駅かと。
なぜか2階建て。
昔はここに駅員が駐在していたのだろうか。

この追分駅から国道1号に並走して南下していくと、

四日市あすなろう鉄道小古曽駅

小古曽駅に到着。
この小古曽駅のみ、バスみたいな乗車標を手にして乗り込むことになる。
他の駅は無人駅でも券売機があるというのに。

四日市あすなろう鉄道小古曽駅

かつては近鉄の路線だったことを示す敷地境界表示っぽいもの。
今は四日市あすなろう鉄道と名乗っているが、かつては近鉄線。
廃線にしてはならぬと第三セクター化して今に至る。
名鉄の各廃線区間は、いくら時代背景が違うとは言え、第三セクター化などでどうにか存続できなかったのだろうかと今でも思う。
近鉄では養老線は養老鉄道として、伊賀線は伊賀鉄道、北勢線は三岐鉄道へ移管して存続しているというのに。
さすがに三河線や八百津線は無理だっただろうが、岐阜県内の路線はどうにかならんかったのだろうかと。

四日市あすなろう鉄道内部駅

小古曽駅を出ると、終点内部駅である。
ここには車庫もあり、鉄道施設としては最大規模。
ここから更に南へ延伸する計画があったそうで、

四日市あすなろう鉄道内部駅

普通に使う分には必要なさそうな距離まで線路が延びているのは、その名残らしい。
線路の奥に見える構造物は国道1号線。
もし延伸しようとしたら、国道1号線をオーバーパスあるいはアンダーパスする必要があり、そうなると多額の費用がかかるので、周辺が劇的な市街地化でもしないかぎり延伸することはありえないだろう。
やるとしたら、国道1号線に寄添うようにして進路を西へ変え、鉄道空白域である東名阪道鈴鹿IC周辺を目指す、だろうか。

では、ここで。
スポンサーサイト
[ 2017/01/11 22:21 ] 尾張建の鐵道日誌 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

尾張建

Author:尾張建
愛知県出身・栃木県在住。鉄道ファンで、F1・WECを毎年観戦し、下道で日帰りツーリングをし、たまにドラゴンズを観戦する元ベースボールプレイヤー。小学生まではサッカーをやっていて、一応博士号持ちの男。
就職に伴いパジェロジュニアを手放す。その次・そのまた次はパジェロイオとパジェロミニに乗り、最終的に親パジェロに乗ることを狙っているのだが・・・・・・。
10月29日生まれ。

尾張建の撮影記録
尾張建の撮影記録
使用機材:Canon EOS 7D、Canon EOS M、Canon PowerShot S95、Canon EOS 20D
バックナンバー
ドロップダウンリストから選択
--------------------------

©Plug-in by ASIA SEASON
全記事表示リンク