尾張建の今日の出来事

今日に限らず起きた出来事を、時には写真付きで、時には偉そうに意見したりして書いていくそんなブログです。
尾張建の今日の出来事 TOP  >  尾張建の鐵道日誌 >  EF200-17代走・5095レ 富士-吉原間

EF200-17代走・5095レ 富士-吉原間

ども、尾張建です。

先週の土曜日。
富士地区にはEF200-7だけでなく、

EF200-17代走・5095レ 富士-吉原間

EF200-17も代走で来訪。
長らく運用から離脱していた理由は不明だが、何やら連結器が新品同様に。
ただ、塗装はそのままのようで、青い部分が色褪せている。
この17号機の撮影で、現存するEF200の中で一度も撮っていないのは5号機のみに。
見たことはあるが、撮ったことは無い。
一度でもお目に掛かりたいものではあるが。

それにしても。
重たいレンズを背負って歩きまくっていたせいか、全く走り込んでいない、それどころか走ってすらいないのに、鈴鹿シティマラソン参加以降、筋肉痛は一切無し。
その一方で、右膝が・・・・・・。
これはちょっとまずい予感。

以下略。


EF200-17 富士駅

連結器がそれほど汚れていなくて、”1** 225”の文字が何やら見える。
連結器を交換したとなると、近いうちに廃車コースから外れた感じか?
どの機体が最後まで走ることになるやら。

EF200-17 富士駅

前回は撮れなかった、富士駅での富士山とのツーショット写真。
王子マテリアの工場が無ければ、すっきりした写真が撮れたかもしれないが、その場合はその場合でイオンか何かが建っていて結局邪魔されそう。

時間軸は巻き戻すが、走行中のEF200-17を撮った30分後に、

3075レ 富士-吉原間

稲沢行きの3075レを撮る。
中央本線など勾配線区を主戦場とするこの山男がなんでまた東京まで来てさらに鹿島まで行っているのか不思議で堪らない。
稲沢と静岡・沼津を結ぶ列車なら納得はいくのだが。

日東工業コンテナ

日東工業のコンテナ。
配電盤を運ぶためのコンテナで、写真はどこかへ納めた帰り道と言うことだろう。
なお、日東電工と日東工業は別物だからね。
日東工業は盤メーカーで、日東電工は材料メーカーだからね。
そして、愛知県内の理系大学生就職先になっているのは日東工業の方ね。

では、ここで。
スポンサーサイト
[ 2016/12/23 23:34 ] 尾張建の鐵道日誌 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

尾張建

Author:尾張建
愛知県出身・栃木県在住。鉄道ファンで、F1・WECを毎年観戦し、下道で日帰りツーリングをし、たまにドラゴンズを観戦する元ベースボールプレイヤー。小学生まではサッカーをやっていて、一応博士号持ちの男。
就職に伴いパジェロジュニアを手放す。その次・そのまた次はパジェロイオとパジェロミニに乗り、最終的に親パジェロに乗ることを狙っているのだが・・・・・・。
10月29日生まれ。

尾張建の撮影記録
尾張建の撮影記録
使用機材:Canon EOS 7D、Canon EOS M、Canon PowerShot S95、Canon EOS 20D
バックナンバー
ドロップダウンリストから選択
--------------------------

©Plug-in by ASIA SEASON
全記事表示リンク