尾張建の今日の出来事

今日に限らず起きた出来事を、時には写真付きで、時には偉そうに意見したりして書いていくそんなブログです。
尾張建の今日の出来事 TOP  >  プロジェクトP~挑戦者たち~ >  レインカバー ERC-E5Lのシグマ・150-600mm 装着状況

レインカバー ERC-E5Lのシグマ・150-600mm 装着状況

ども、尾張建です。

以前、レインカバー ERC-E4Mを買ったところ、小さくて使えないことが判明したので、

各種サイズレインカバー
左からERC-E4S、E4M、E5L

モデルチェンジ後のERC-E5シリーズでLサイズを購入(一番右端)。
今度こそ間違いなく大丈夫だろうけど、念のために本番(F1 or WEC)に備えて今のうちにチェック。

写真が以下略。



ERC-E4シリーズと更新されたERC-E5シリーズとで何が異なるかというと、

新旧比較
左がERC-E4S、右がE5L

ひょっとするとこの赤ラインの有無だけかもしれない。
Lレンズを意識した意匠だとかなんとか。
これをシグマ・150-600mmに取り付けてみると、

ERC-E5L+150-600mm

レンズフード部分はかろうじて面ファスナーの端っこで止められている状態。
さすがにフィルタ径105mmでも、EF600mm、EF800mm装着可能なカバー相手ではきつかったか。
外れやすいのでこれは別でバンドを買う必要がある。
そういえば家に野球のユニフォームのズボンを止めるバンドがあったが、あれを使おうかしら。

ERC-E5L+150-600mm

最大限に伸ばした状態ではあるが、それでもかなり長さがあまっている状態。
伸ばしたときにパツンパツンになるのも問題なので、フード先端からカバー先端までの幅が半分程度なら丁度良いのだが。
ちなみに、Mサイズだと、

ERC-E4M+150-600mm

今度は短すぎてしまう。
広角側で撮るなら問題ない長さではあるのだが、望遠端だと写真みたいになってしまうので、使えないという。
まぁ、フードの途中で止めるというのも一つの選択肢ではあるんだろうけど、できれば雨にぬれるところからレンズ先端までの距離は長く取りたいところ。
LサイズとMサイズの中間ぐらいのものがあれば良いんだが。
まぁ、だったらキャノン製レインカバーを選択するなよという話ではあるけれど。

では、ここで。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

尾張建

Author:尾張建
愛知県出身・栃木県在住。鉄道ファンで、F1・WECを毎年観戦し、下道で日帰りツーリングをし、たまにドラゴンズを観戦する元ベースボールプレイヤー。小学生まではサッカーをやっていて、一応博士号持ちの男。
就職に伴いパジェロジュニアを手放す。その次・そのまた次はパジェロイオとパジェロミニに乗り、最終的に親パジェロに乗ることを狙っているのだが・・・・・・。
10月29日生まれ。

尾張建の撮影記録
尾張建の撮影記録
使用機材:Canon EOS 7D、Canon EOS M、Canon PowerShot S95、Canon EOS 20D
バックナンバー
ドロップダウンリストから選択
--------------------------

©Plug-in by ASIA SEASON
全記事表示リンク