尾張建の今日の出来事

今日に限らず起きた出来事を、時には写真付きで、時には偉そうに意見したりして書いていくそんなブログです。
尾張建の今日の出来事 TOP  >  プロジェクトP~挑戦者たち~ >  ロープロ S&F レンズエクスチェンジケース200AW の簡単なレビューっぽい何か 質問回答編

ロープロ S&F レンズエクスチェンジケース200AW の簡単なレビューっぽい何か 質問回答編

今更ながら、1週間前のコメントに気が付いた尾張建です。

気が付くのが遅れて申し訳ないです。
今も見て下さっているかどうかは分らないけれど、また見て下さることを前提に質問回答編を。

まさにこの組み合わせを考えてる所なのですが、
レンズフードを逆付けした状態では入りませんか?


という質問が1週間前にあった。

おさらいしておくと、この記事は、ロープロ S&F レンズエクスチェンジケース200AWにEF100-400mm F4.5-5.6L IS USMは入るかどうかという記事。
検証してみたところ、レンズ本体は入るけどレンズフードを付けたままでは入らないという結果だった。
(記事を読み返したら、フードじゃなくてカバーて書いてやがる。別の記事でもそう書いてやがる・・・・・・)

前回検証したときは、レンズフードを下側にして入るかどうかだった。
では、レンズフードを上側にしたら入るかどうか

S&F レンズエクスチェンジケース200AWとEF100-400mm

こうなった。
フードが中の仕切りに引っ掛かっている状態であり、宙ぶらりんになっている。

S&F レンズエクスチェンジケース200AW

この仕切りはそう広がるものではないため、フードの直径分を確保することができない。
さらに、ケースから結構な高さで飛び出しており、無理矢理押し込んでもどうも閉まる気配がない。

それならば、フードはレンズに取り付けていない別々の状態にしておいて、一緒に入れることはできないか。

S&F レンズエクスチェンジケース200AW レンズフード押込

無理矢理押し込んでみると、フードがケース内に収まる高さまで沈む。
フードの内側に移っている物がレンズ本体。
このまま力を加えた状態で、ケースの蓋を閉じてみると、

S&F レンズエクスチェンジケース200AW レンズフード押込

ボタンこそとまらないものの、閉まっちゃった。
ケース自体はそれほど膨らんでいないので、オールウェザーカバーも十分に被せられる。

というわけで結論。

・レンズフードは、EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM本体から取り外した状態であれば、S&F レンズエクスチェンジケース200AWの中にレンズ本体と一緒に仕舞うことができる。
・ボタンは留められないけれど、蓋は閉まる。
・フードをレンズ本体に取り付けたままの状態では、上向きだろうか下向きだろうが仕舞うことは不可能。
・この方法は仕切りが変形すること前提なので、それを良しとするかどうかは個人の好み。


この検証結果が、購入する際の参考になれば幸いです。
では、ここで。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

尾張建

Author:尾張建
愛知県出身・栃木県在住。鉄道ファンで、F1・WECを毎年観戦し、下道で日帰りツーリングをし、たまにドラゴンズを観戦する元ベースボールプレイヤー。小学生まではサッカーをやっていて、一応博士号持ちの男。
就職に伴いパジェロジュニアを手放す。その次・そのまた次はパジェロイオとパジェロミニに乗り、最終的に親パジェロに乗ることを狙っているのだが・・・・・・。
10月29日生まれ。

尾張建の撮影記録
尾張建の撮影記録
使用機材:Canon EOS 7D、Canon EOS M、Canon PowerShot S95、Canon EOS 20D
バックナンバー
ドロップダウンリストから選択
--------------------------

©Plug-in by ASIA SEASON
全記事表示リンク