尾張建の今日の出来事

今日に限らず起きた出来事を、時には写真付きで、時には偉そうに意見したりして書いていくそんなブログです。
尾張建の今日の出来事 TOP  >  プロジェクトP~挑戦者たち~ >  稼動時間2年8ヶ月中、1年7ヶ月はCPUの排熱が直撃し続けていた状態下におけるmSATA SSDの故障に関する報告

稼動時間2年8ヶ月中、1年7ヶ月はCPUの排熱が直撃し続けていた状態下におけるmSATA SSDの故障に関する報告

ども、尾張建です。

リモートPC周りを掃除&メンテナンスしようと電源を落とし、再び立ち上げたら、ブートデバイスが存在しないというエラーメッセージ。
最小限の構成にしてみたけど、抜き差しをしてみたけれど、立ち上がらない。
BIOSで確認したら、OSをインストールしてあるmSATA SSDが認識されていなかった。
データ用のHDDの方は認識されていたので、mSATA SSDが壊れた模様。
今年に入ってからだったか。
時折、再起動させると、ブートデバイスが存在しないと一度は出るけれど、もう一度電源を入れ直したら普通に立ち上がる症状が現れたのは。

温度がBOINCをやっているせいで高温になりがちだった。
さらにHDDを増設したら、そのマウントのせいで排熱が直撃するようになり、50度以上が常態化し、油断していると60度に達するときも。
年数は初期不良というものでも、経年劣化というものでもない。
データの書き込み量なんぞBOINCぐらいしか頻繁に書き込むものがないので、熱が原因だろう。

おそらくはマザーボード側の故障ではないと思われるので、買い替えか。
今だといくらぐらいするんだろう?

では、ここで。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

尾張建

Author:尾張建
愛知県出身・栃木県在住。鉄道ファンで、F1・WECを毎年観戦し、下道で日帰りツーリングをし、たまにドラゴンズを観戦する元ベースボールプレイヤー。小学生まではサッカーをやっていて、一応博士号持ちの男。
就職に伴いパジェロジュニアを手放す。その次・そのまた次はパジェロイオとパジェロミニに乗り、最終的に親パジェロに乗ることを狙っているのだが・・・・・・。
10月29日生まれ。

尾張建の撮影記録
尾張建の撮影記録
使用機材:Canon EOS 7D、Canon EOS M、Canon PowerShot S95、Canon EOS 20D
バックナンバー
ドロップダウンリストから選択
--------------------------

©Plug-in by ASIA SEASON
全記事表示リンク