尾張建の今日の出来事

今日に限らず起きた出来事を、時には写真付きで、時には偉そうに意見したりして書いていくそんなブログです。
尾張建の今日の出来事 TOP  >  尾張建の鐵道日誌 >  EF200-2を探して三十里

EF200-2を探して三十里

ども、尾張建です。

EF200の運用状況を調べていたら、EF200-2が故障した機関車(EF200-5?)を救援し、その後、代走しているという情報を確認。
この情報を確認したときで、およそ4時間の遅延となっており、これならば撮りに行けると2日早朝に出撃。
最初は八丁畷駅で待ち伏せしたが、待てど暮らせどEF200-2が来ない。
実は遅延時間が延びるに延びていた(4時間→9時間→10時間)。

このまま八丁畷駅で待つのではかなり時間がかかるので、それならばいっそのことこっちから会いに行ってしまえ、と。
で、西へ西へと移動した結果、辿り着いたのが平塚駅。
待ち続けることおよそ2時間。

EF200-2牽引 1056レ(10時間遅延) 平塚

EF200-2が牽引する、10時間も遅延した1056レが平塚駅を通過。
惜しむべきはコンテナ車前5両が空車だということ。
1個ずつでもコンテナが載っていればなかなか良い絵になったのだろうが、撮れただけでも幸運なので、良しとしよう。

以下、EF200-2を待っている間に取った写真。



EF65 2095牽引 5764レ 八丁畷

EF65 2095が牽引する5764レ。
石炭専用のホッパ車であるが、この貨物列車では空車。
戻り(正確には行き)の列車で、石炭を積むんだとか。

EH200-6牽引 5681レ 八丁畷

思いの外、中央西線に進出できないEH200の6号機が牽引する5681レ。
コンテナ車だけでなくタンク車(緑の奴・エネオスマーク付き)も連結しているという、名古屋地区ではあまり見られなかった編成。

EF210-171牽引 配6795レ 八丁畷

こちらは石炭積載のホッパ車にコンテナ車にタンク車のEF210-171牽引・配6795レ。
この列車は上の5681レとは違い、検査後の試運転のための列車だとか。
なので色々と混じっていて当然という列車。
そんなの調べて初めて知った。
貨物列車はなかなか奥が深い。

EF64 1004牽引 HD300-7+8077レ 八丁畷

なんかいる。
牽引機のEF64 1004の後ろに貨車じゃない何かがいる。

EF64 1004牽引 HD300-7+8077レ 八丁畷

正解はハイブリッド機関車・HD300-7である。
配置された場所だけでなく、あちこちで活躍しているようだが、一体どこへ行くんだろう?

EF210-146牽引 5080レ(遅延) 平塚

この日、遅れていたのはEF200-2が牽引する1056レだけではなかった。
この5080レも遅れていた。
1056レの故障にでも巻き込まれたんだろうか。

さて、次にEF200に会えるのはいつのことやら。
では、ここで。
スポンサーサイト
[ 2016/07/03 23:50 ] 尾張建の鐵道日誌 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

尾張建

Author:尾張建
愛知県出身・栃木県在住。鉄道ファンで、F1・WECを毎年観戦し、下道で日帰りツーリングをし、たまにドラゴンズを観戦する元ベースボールプレイヤー。小学生まではサッカーをやっていて、一応博士号持ちの男。
就職に伴いパジェロジュニアを手放す。その次・そのまた次はパジェロイオとパジェロミニに乗り、最終的に親パジェロに乗ることを狙っているのだが・・・・・・。
10月29日生まれ。

尾張建の撮影記録
尾張建の撮影記録
使用機材:Canon EOS 7D、Canon EOS M、Canon PowerShot S95、Canon EOS 20D
バックナンバー
ドロップダウンリストから選択
--------------------------

©Plug-in by ASIA SEASON
全記事表示リンク