尾張建の今日の出来事

今日に限らず起きた出来事を、時には写真付きで、時には偉そうに意見したりして書いていくそんなブログです。
尾張建の今日の出来事 TOP  >  尾張建探訪日記(仮) >  尾張建探訪日記(仮) よこすかYYのりものフェスタ2016(詳細編)

尾張建探訪日記(仮) よこすかYYのりものフェスタ2016(詳細編)

ども、尾張建です。

よこすかYYのりものフェスタ2016

先週の土日に行われた、「よこすかYYのりものフェスタ2016」の詳細な話でも。
何隻か護衛艦は停泊しているものの、乗艦できるのは護衛艦「いずも」だけ。

写真が多いので以下略。


海上自衛隊横須賀基地 護衛艦「いずも」

トップの写真(日曜日に撮影)とは別アングル(土曜日に撮影)から撮影。
飛行甲板にいる人々の大きさと比較すると、護衛艦「いずも」の大きさがわかると思う。

海上自衛隊横須賀基地 潜水艦群

停泊中のそうりゅう型潜水艦(手前2隻)とおやしお型潜水艦(一番奥)。

海上自衛隊横須賀基地 護衛艦「おおなみ」

上の潜水艦3隻と同じ埠頭に停泊する護衛艦「おおなみ」。
ステルス性は悪いけど、比較的垂直になっている艦橋が好き。
上部構造がごちゃごちゃしているのも好き。
あさぎり型護衛艦のような奴がね。

護衛艦「いずも」から望む護衛艦群

「いずも」の飛行甲板から望む護衛艦群。
右から「はるさめ」、「きりしま」、「あしがら」。
桟橋を挟んで、「たかなみ」、「あまぎり」、試験艦「あすか」。
写真だと見えづらいけど、「いかずち」、「むらさめ」、補給艦「ときわ」、不明(「くらま」か?)「てるづき」、「さざなみ」。
大半が佐世保基地に司令部を置いている第2護衛隊群の所属艦だが、何故横須賀に?
合同訓練でもあったか、これからする予定なのか。

米海軍とアメリカ沿岸警備隊「メロン」

横須賀には当然のことながら米海軍がいるのだが、この日はアメリカ沿岸警備隊のカッター「メロン」も停泊していた。
沿岸警備隊も横須賀を利用することがあるのか。

アメリカ沿岸警備隊「メロン」と住友重機械マリンエンジニアリング横須賀造船所

ちょっとアングルを変えてみると、住友重機械マリンエンジニアリング横須賀造船所が見える。
300トンクレーン2基がこの位置からでも大きく見えるということは、どえらいでかいんだろうな。

特別機動船航行展示

こちらは特別機動船の航行展示。
臨検とかに用いる船か。
にしても実に軽快な動き。
なお、前列の左側の人は女性自衛官。

護衛艦「いずも」 艦内

護衛艦「いずも」の格納庫の様子。
普段はここに所狭しとヘリコプターが格納されているはず。

護衛艦「いずも」 エレベーター

格納庫側から見たエレベーター。
このエレベーターを使って、ヘリコプター甲板へ移動する。
人間の体重なんぞ、フル装備のヘリと比べたら微々たるもの。
このエレベーター全体に人が乗っても大丈夫だそうだ。

護衛艦「いずも」 エレベーター

ヘリコプター甲板から見るとこんな感じ。

護衛艦「いずも」 ヘリコプター甲板

ヘリコプター甲板はとにかく広い。
さすがは全長248m。
だけど、400m以上もある新幹線ホームと比べれば、どうってことない数字だな……。
端から端どころか、階段から端に行くのですら一苦労なんだよ……。

護衛艦「いずも」 艦橋(操舵室側)

操舵室側から見た艦橋と、

護衛艦「いずも」 艦橋(航空管制室側)

航空管制室側から見た艦橋。
そのフォルムは、あきづき型護衛艦とよく似ている。
今後の護衛艦のデザインは、これが主流になっていくのだろう。

護衛艦「いずも」 SeaRAM 近SAMシステム

護衛艦「いずも」 CIWS・ファランクス

ともに防空のための兵装。
上がミサイルを用いて防空するSeaRAMと呼ばれるもの。
下がガトリング砲を用いて防空するファランクス。
CIWS(シウス)と言うと、その単語の意味では両方を指すことができるため、護衛艦「いずも」ではそれぞれSeaRAMとファランクスと区別して読んでいるそうだ。
別の船では、ファランクスをCIWSと呼んでいるはず。
ファランクスだと弾丸だから距離が近すぎて、仮にミサイルを撃破できてもダメージを被るのでは?と思っていたが、それに対する解決策がどうやらSeaRAMらしい。

キャリおくん

右舷艦首側にある第1銃座(確か)に設置されたM2ブローニング。
キャリバー50とも呼ばれることがあるから、「キャリおくん」と命名されたのだろう。

SH-60K

よこすかYYフェスタは乗り物に関して様々なものが集まるイベント。
電車だったり、車だったり、船だったり。
ただ空に関しては、このSH-60Kしか会場にはなかった気がする。

ピクルス王子とパセリ

イベントが終了し、帰宅の途につく訪問客たちを見送る防衛省の公式マスコットキャラクターのピクルス王子とパセリ。
この二人を初めて見たのは小学生の時。
もう10年以上前のことである。
そろそろ結婚して王に就任して、王子あるいは王女が生まれたという設定ができてもいいはずですがねえ……。

では、ここで。
スポンサーサイト
[ 2016/06/19 21:25 ] 尾張建探訪日記(仮) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

尾張建

Author:尾張建
愛知県出身・栃木県在住。鉄道ファンで、F1・WECを毎年観戦し、下道で日帰りツーリングをし、たまにドラゴンズを観戦する元ベースボールプレイヤー。小学生まではサッカーをやっていて、一応博士号持ちの男。
就職に伴いパジェロジュニアを手放す。その次・そのまた次はパジェロイオとパジェロミニに乗り、最終的に親パジェロに乗ることを狙っているのだが・・・・・・。
10月29日生まれ。

尾張建の撮影記録
尾張建の撮影記録
使用機材:Canon EOS 7D、Canon EOS M、Canon PowerShot S95、Canon EOS 20D
バックナンバー
ドロップダウンリストから選択
--------------------------

©Plug-in by ASIA SEASON
全記事表示リンク