尾張建の今日の出来事

今日に限らず起きた出来事を、時には写真付きで、時には偉そうに意見したりして書いていくそんなブログです。
尾張建の今日の出来事 TOP  >  プロジェクトP~挑戦者たち~ >  機能自体は豊富だが、品質が価格相応

機能自体は豊富だが、品質が価格相応

ども、尾張建です。

実家に重たくて古臭いけれど、しっかりとした作りの三脚がある。
が、それは一応父親所有なので、自分のものは自分で用意せねばならんだろう、と。
とは言え、三脚に関しては年に1回使いたいと思うことがあるかどうかレベル。
一脚なら幾らでも出番はあるのだが。
なので、

4段伸長三脚 CX-007 短縮状態

安売りされていた、メトリックスというメーカーの4段伸長三脚 CX-007を買ってみた。
2Lペットボトルよりもやや高い大きさ。

Four-section Tripod for Photo & Video CX-007 製品紹介ページ
http://www.metrix-jp.com/product/middle-size-tripod/four-section-tripod-for-photo-video-cx-007.html

価格は1,058円(税込)。

4段伸長三脚 CX-007 箱+袋
何も書いていない真っ白の箱に、ロゴも何も入っていない真っ黒のキャリングケースに入っていた。
説明の類は一切書いていないので、検索してたった今知ったスペックは、

脚径:17mm
重量:0.5kg
最低地上高:375mm
最大地上高:1055mm
積載可能重量:0.8kg
材質:アルミニウム、ABS樹脂、ゴム等
中国製

というもの。
積載可能重量は1kgも無いんか……。
EOS Mは本体とバッテリパックとカードで約0.3kg。
となるとレンズは0.5kgまで可能か。
EF-Mレンズなら余裕だが、マウント込みのEF/EF-Sレンズでは厳しいか。
一方、EOS 7Dは本体だけで0.82kg。
まぁ、EOS Mを想定して買ったから7Dの方はいいとして、マウント込みのEF/EF-Sレンズを使えないのはねえ……。

4段伸長三脚 CX-007 伸長状態

CX-007を最大限に伸ばした姿。
最大地上高の数字は、エレベーターを最大限に上げた数字かどうかは不明。
メジャー、買ってこようかな?

4段伸長三脚 CX-007 アルミパイプ径

脚径とボールペンの太さ比較。
一番下の段がボールペンと同じ太さは怖いな。
この太さじゃあ確かに積載可能重量は0.8kgだわな。

4段伸長三脚 CX-007 雲台付近

安物の割には、雲台周りの機能はしっかりしている。
左右・上下の調整はできるし、縦位置撮影も可能。
写真ではわからないが、実は水準器付き。
さらに、

4段伸長三脚 CX-007 ロック方法+クイックシュー

クイックシューだったりする。
脚の固定方法はレバーロック方式で、ネジ式があまり好みじゃない自分には嬉しい構造。
――ではあるけれど、品質は、そこはやっぱり安物。
横位置が完全に水平にはならないし、縦位置も完全に垂直にはならない。
固定ネジは予想以上にしっかりと回さないと固定できない。
脚もところどころスムーズに引き出せなかったりする。
まぁ、安物だし、そこは仕方がない。

しかし、買ったはいいけれど出番があるかどうか。
非常に軽いからツーリングする際に携行しても良いが、はてさて。

では、ここで。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

尾張建

Author:尾張建
愛知県出身・栃木県在住。鉄道ファンで、F1・WECを毎年観戦し、下道で日帰りツーリングをし、たまにドラゴンズを観戦する元ベースボールプレイヤー。小学生まではサッカーをやっていて、一応博士号持ちの男。
就職に伴いパジェロジュニアを手放す。その次・そのまた次はパジェロイオとパジェロミニに乗り、最終的に親パジェロに乗ることを狙っているのだが・・・・・・。
10月29日生まれ。

尾張建の撮影記録
尾張建の撮影記録
使用機材:Canon EOS 7D、Canon EOS M、Canon PowerShot S95、Canon EOS 20D
バックナンバー
ドロップダウンリストから選択
--------------------------

©Plug-in by ASIA SEASON
全記事表示リンク