尾張建の今日の出来事

今日に限らず起きた出来事を、時には写真付きで、時には偉そうに意見したりして書いていくそんなブログです。
尾張建の今日の出来事 TOP  >  尾張建探訪日記(仮) >  尾張建探訪日記(仮) ポリシーに反して飛行機で行く函館への旅

尾張建探訪日記(仮) ポリシーに反して飛行機で行く函館への旅

ども、尾張建です。

長距離移動は飛行機ではなく鉄道。
そんなポリシーを持っている。
だからこそ青森へは新幹線で往復した。
このときは久々に東北新幹線に乗りたくて、さらには新青森駅の様子を見たかったという動機もあるが。
学会で行った松山へは、ANAで行けるけれども、同行する後輩の反対を押し切って鉄道で移動。
ライバルの航空会社にお金を落としてたまるか、と。

だけどまぁ、それには限界がある訳で。
特に時間的制約が。
だもんで泣く泣く、

AIR DO機
中部発函館行きAIR DO機

飛行機で移動です。
というわけで、ポリシーに反して飛行機で行く函館への旅。
ちなみに。
今まで飛行機に乗ったのは、国際線あるいは国際線への乗継ぎ用の国内線しか使ったことが無い。
国内線だけで完結するのは実は初めてだったりする。
国際線と同じようにチェックインすれば良いんだよな?と恐る恐る中部空港のカウンターに行ったのはここだけの秘密。
なんかここ2週間の間に初めての体験が続くな・・・・・・。

以下略。



最後に飛行機に乗ったときはまだ解禁されていなかったが、電波を出さなければ使えるというので、

ベアドゥとボーイング787 1号機
ボーイング787 1号機

離陸するときからカメラを構える。
そう言えば1号機が寄贈されたんでしたな。
てか、野ざらしかよ。
もしかして半年以上この状態?
潮風とかから守るために、せめて仮設のテントぐらいには入れろよ。

離陸時 中部国際空港
中部国際空港ターミナルビル

このアングルからは初めて見る気がする。
ちなみに翼の端に描かれている熊は、ベアドゥというAIR DOのマスコットキャラクターだとか。
本を読んでいる以外のバージョンはあるのかな?

離陸時 知多半島
機内から望む知多半島

雲がほとんど無いお陰で、知多半島の全体が見える。
ここをかつてはぐるっと1周したのか。

富士山と日本アルプス
富士山と中央・南アルプス

手前から中央アルプス、南アルプス、富士山。
北アルプスが見えないのは、

上空から望む御嶽山
機内から望む御嶽山

その上空を飛んでいるため(御嶽山は北アルプスには含まないらしい)。
このとき御嶽山上空を飛んで良いのかよ、と思った。
直上では無いし、噴火は完全に小康状態だから問題ないんだろうけど。
確かまだ見つかっていない人がいるんだったか。
合掌。

上空から望む大間崎
大間崎と津軽海峡

その後、新潟県沖、秋田県上空と飛び、陸奥湾上空を過ぎてついに津軽海峡へ。

北海道到着
北海道海岸上空

ベアドゥと共に北海道へ。
海が非常に綺麗で、機内からでも海底が見える。

着陸時 函館空港
機内から望む函館空港

中部空港の滑走路が混雑していたせいで、10分程度遅れて出発したが、最終的には5分遅れで函館空港に到着。
新幹線を使った場合は何時間もかかるところを1時間半で移動。
大分楽といえば楽なのだが、なんだかなぁと思いつつ飛行機の旅を満喫。

で、なんで函館へ行ったのかというと。
仙台に用事があったのだが、それに参加するためには仙台に前日入りする必要があった。
前日に着いていれば、仙台入りは何時でも良いということなので、それならいっそのこと、新函館北斗駅を見に函館へ行っちゃえ、と。
函館へ行けば、スーパー白鳥or白鳥に乗れることだし?

では、ここで。
スポンサーサイト
[ 2016/03/20 02:06 ] 尾張建探訪日記(仮) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

尾張建

Author:尾張建
愛知県出身・栃木県在住。鉄道ファンで、F1・WECを毎年観戦し、下道で日帰りツーリングをし、たまにドラゴンズを観戦する元ベースボールプレイヤー。小学生まではサッカーをやっていて、一応博士号持ちの男。
就職に伴いパジェロジュニアを手放す。その次・そのまた次はパジェロイオとパジェロミニに乗り、最終的に親パジェロに乗ることを狙っているのだが・・・・・・。
10月29日生まれ。

尾張建の撮影記録
尾張建の撮影記録
使用機材:Canon EOS 7D、Canon EOS M、Canon PowerShot S95、Canon EOS 20D
バックナンバー
ドロップダウンリストから選択
--------------------------

©Plug-in by ASIA SEASON
全記事表示リンク