尾張建の今日の出来事

今日に限らず起きた出来事を、時には写真付きで、時には偉そうに意見したりして書いていくそんなブログです。
尾張建の今日の出来事 TOP  >  プロジェクトP~挑戦者たち~ >  腕の問題にしておくべき?

腕の問題にしておくべき?

ども、尾張建です。

常用のレンズとして、EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STMを使っているわけですが。
設定が悪いのか、腕が悪いのか、レンズの特性なのか、腕が悪いのか。
プログラムモードでワンショットAFで、AFエリアは自動選択で撮影すると、

1. ピンぼけじゃないけどピントがずれている
2. 静止状態の編成写真を撮ると、先頭部のピントは合っているけど、絞り値の割には車体番号や読み取れない
3. 静止状態の編成写真だと、奥の方のぼやけ具合が目立つ

というのがよくある。
1.に関しては、フルタイムマニュアルだもんで、フォーカスリングでも触ってズレたのだろうかとも思っているが、その割には枚数が多い。
2.に関しては、EOS M+EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STMだと、先頭部も車体番号もハッキリと写る。
なので、静止状態の編成写真なら、EOS M+EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STMの方が良いのでは?と思ってしまう。
映像エンジンが異なるし、設定も完全に同一というわけじゃないから、そうなっただけかもしれないが。
あるいはAFの合焦位置の問題かもしれない。
3.に関しても2.と同様にEOS M+EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STMの方が良い印象。
ただ単に絞っていないせいかもしれないが。
レンズを変えると同一の設定でも写りが良くなることってあるんでしょうかねえ。

では、ここで。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

尾張建

Author:尾張建
愛知県出身・栃木県在住。鉄道ファンで、F1・WECを毎年観戦し、下道で日帰りツーリングをし、たまにドラゴンズを観戦する元ベースボールプレイヤー。小学生まではサッカーをやっていて、一応博士号持ちの男。
就職に伴いパジェロジュニアを手放す。その次・そのまた次はパジェロイオとパジェロミニに乗り、最終的に親パジェロに乗ることを狙っているのだが・・・・・・。
10月29日生まれ。

尾張建の撮影記録
尾張建の撮影記録
使用機材:Canon EOS 7D、Canon EOS M、Canon PowerShot S95、Canon EOS 20D
バックナンバー
ドロップダウンリストから選択
--------------------------

©Plug-in by ASIA SEASON
全記事表示リンク