尾張建の今日の出来事

今日に限らず起きた出来事を、時には写真付きで、時には偉そうに意見したりして書いていくそんなブログです。
尾張建の今日の出来事 TOP  >  尾張建の今日の出来事 >  要約:もっと研究助成増やせ。 軍事利用不可能な研究はほとんど存在しない。

要約:もっと研究助成増やせ。 軍事利用不可能な研究はほとんど存在しない。

ども、尾張建です。

米軍、日本の研究者に資金 00年以降、2億円超提供
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2015120601001417.html

政府や軍が、資金を研究機関や研究者に提供し、軍事技術研究を発展させてもらう。
それは技術の平和利用や平和の観点からは禁ずるべき行為であり、政府や軍はそれをやめるべき。
という話があるんだけれど。
政府や軍が、研究機関や研究者に軍事技術の研究を依頼し、そのお礼に研究助成をするケースならわかる。
研究機関や研究者が、軍事関係の研究助成に応募して資金を獲得し、研究をするというケースはどうなんでしょう?
以前、防衛省の研究公募に大学が応募というニュースがあったが、そのような場合、批判すべき対象は研究機関や研究者となるのでは?
政府や軍だけでなく、研究機関・研究者も批判しないんですか?
研究機関や研究者は研究助成を餌にされて、嫌々軍事技術の研究をしているだけだ、と言う人も出てくるだろう。
じゃあ、そのような状況に陥るのを防ぐために研究助成をしてくれますか?
研究助成の増設・増額を訴えてくれますか?
国立大学法人への交付金の削減なんて話があったが、それに反対してくれますか?
役に立つかどうかわからん研究に、しかも何年にもわたって金を出すわけにはいかないと言う人もいることだろう。
役に立つかどうかは研究してみないとわからんでしょうに。
そしてその判断をするには、どうしても時間がかかるものなのです。
高速増殖炉もんじゅや核燃料サイクルの研究は、強引にポジティブに考えれば、「高速増殖炉や核燃料サイクルの技術が実用化困難であるかの判断のための研究」とも言える(暴論)。
話が逸れた。

先述した防衛省の研究公募。
そこでは「民生利用可能な」軍事技術の研究を想定している模様。
「民生利用可能な」は言葉のまやかしに過ぎないと言うけれど、そもそも軍事技術と民生技術の境界線は非常に曖昧。
たとえばドローンやロボット。
航空写真の撮影や介護向けのパワーアシストスーツなどがあるわけだが、これはなにもしなくても即座に軍事転用可能。
偵察したり、重たい砲弾を持ち運びしたりなど。
切削工具用の超硬合金だとか、こないだニュースになったスポンジ状の軽量合金とかは、コストや将来性を度外視すれば、徹甲弾や戦闘機の部材に利用可能である。
ICチップや炭素繊維は、軍事分野でも民生分野でも使われている。
その他、ブロック工法、ガスタービンエンジン、GPS、インターネット、レーダーなどなど。
このように明確に線引きするのは非常に困難。
軍事転用が絶対に不可能な研究なんてものは、特に工学系にはほとんど存在しないだろう。

軍事転用を防ぐためには、研究そのものをストップさせるのが一番効果的だが、そうするわけにはいかない。
軍事転用される可能性を考慮しながらも、目的達成のためには研究を続けるしかない。
研究を継続するためには資金を確保する必要があるが、国立大学法人への交付金削減など、取り巻く環境は厳しい。
資金を確保するために、軍事関係からの研究公募と知りつつも応募するしかない。
それが現状なのだ。

では、ここで。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

尾張建

Author:尾張建
愛知県出身・栃木県在住。鉄道ファンで、F1・WECを毎年観戦し、下道で日帰りツーリングをし、たまにドラゴンズを観戦する元ベースボールプレイヤー。小学生まではサッカーをやっていて、一応博士号持ちの男。
就職に伴いパジェロジュニアを手放す。その次・そのまた次はパジェロイオとパジェロミニに乗り、最終的に親パジェロに乗ることを狙っているのだが・・・・・・。
10月29日生まれ。

尾張建の撮影記録
尾張建の撮影記録
使用機材:Canon EOS 7D、Canon EOS M、Canon PowerShot S95、Canon EOS 20D
バックナンバー
ドロップダウンリストから選択
--------------------------

©Plug-in by ASIA SEASON
全記事表示リンク