尾張建の今日の出来事

今日に限らず起きた出来事を、時には写真付きで、時には偉そうに意見したりして書いていくそんなブログです。
尾張建の今日の出来事 TOP  >  プロジェクトP~挑戦者たち~ >  何もせずに撮り続けていたら、残り撮影枚数が「999」以外になったことだろう

何もせずに撮り続けていたら、残り撮影枚数が「999」以外になったことだろう

ども、尾張建です。

メモリーカードの容量は大きければ大きいほど、交換する手間が省けて良いと思い、さらに高解像度化で写真一枚当たりの容量が増える一方なので、カメラ本体を買い換えても長く使い続けられるように128GBのCFを買った訳ではあるが。
2日間(金曜日は都合上行けない)撮り続けるF1の場合、その撮影枚数は失敗分含めても2000枚には届かない。
RAW+JPEGの合計サイズを大雑把に30MBとすると、その総計サイズは60GB。
実際の運用上では、その場で失敗分を取り消しているもんで、64GBのCFで十分な数字。
最も撮影頻度の多い鉄道写真では、せいぜい400~500枚で12~15GBであり、16GBで十分なレベル。
利用実績からすれば、128GBのおよそ半額で買える64GBで十分。
つまるところ、完全に宝の持ち腐れ。

6時間と長丁場の耐久レースを本格的に観戦することになった2014WEC富士6時間で、128GBの真価が発揮されるかと思われたが。
実際に使ったのは60GB程度だった。
失敗分を含めた枚数は過去最多(当社調べ)を記録したが、失敗分を取り消さなくても合計80GBと、まだまだ3分の1程度の空きが。
手元には今まで使っていた4GBと8GBのCFがあるので、それられも使えば、ちょっと削除するだけで十分。
なので、128GBを買ったのは失敗だった、と。
そう思っていた。
ついさっきまでは。
2015WEC富士6時間で撮った写真を移すべく、CFをカードリーダーに。

空き領域33.2GB/119GB

……。
試しに撮影した枚数を計算してみると、3882枚。
単純計算では116GBであり、もし失敗分を取り消すことなくそのまま撮り続けていたら、バーは赤表示だったことだろう。
そしてその場合、表示される撮影可能枚数が「999」ではなく違う値を示したことだろう。
前言撤回。
やっぱ128GBを買って正解だった。

もっとも、128GBも写真を撮るのであれば、破損時のリスクを考えると、一気にデータが失われる128GB×1枚よりは、交換する手間がかかるが失うのは半分で済む64GB×2枚の方が良い話ではある。
基本的にはほぼ同額で買えるから、金銭面でも問題なし。
ただ去年の鈴鹿や今年の富士のように、雨の中でCFを交換できるかという話でもある。


ちなみに参考までに、失敗分を含めた過去のF1とWECにおける撮影枚数。

2009F1   1727
2010F1   2236
2011F1   1557
2012F1   1836(3日間)
2013F1   1344(3日間)
2013WEC  1027

――ここから20Dから7Dへスイッチ、128GBのCFを利用――

2014F1  1509
2014WEC 2679
2015F1  1504
2015WEC 3882

際立つWECでの撮影枚数。
これで金曜日から行っていたら、一体何枚になることやら……。

では、ここで。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

尾張建

Author:尾張建
愛知県出身・栃木県在住。鉄道ファンで、F1・WECを毎年観戦し、下道で日帰りツーリングをし、たまにドラゴンズを観戦する元ベースボールプレイヤー。小学生まではサッカーをやっていて、一応博士号持ちの男。
就職に伴いパジェロジュニアを手放す。その次・そのまた次はパジェロイオとパジェロミニに乗り、最終的に親パジェロに乗ることを狙っているのだが・・・・・・。
10月29日生まれ。

尾張建の撮影記録
尾張建の撮影記録
使用機材:Canon EOS 7D、Canon EOS M、Canon PowerShot S95、Canon EOS 20D
バックナンバー
ドロップダウンリストから選択
--------------------------

©Plug-in by ASIA SEASON
全記事表示リンク