尾張建の今日の出来事

今日に限らず起きた出来事を、時には写真付きで、時には偉そうに意見したりして書いていくそんなブログです。
尾張建の今日の出来事 TOP  >  尾張建の鐵道日誌 >  過酷な自然環境と経営基盤に置かれているというのは十分に理解できるが

過酷な自然環境と経営基盤に置かれているというのは十分に理解できるが

ども、尾張建です。

ついに、というか何というか。
4年ぐらい前に、『青函トンネルではまだ事故は起きていない』という記事を書いていたのだが。

青函トンネル内に120人避難 特急から煙、徒歩で海底駅に
http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2015040402000090.html
青函トンネルで特急から煙 乗客120人、2人搬送
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2015040301001868.html
特急発煙、原因は配線過電流か 同型車を点検
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2015040401001226.html
特急発煙、整備ミスの有無も検証 JR北海道
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2015040401001808.html

無事故記録はここで途絶えたか。
青函トンネル内で発煙と聞いて、ドーバー海峡トンネルのようになっているんじゃないか、と思ったりもした。
幸いにも消火器ですぐに消し止められたようで、ボヤ騒ぎみたいなもんで済んで良かった。

事故原因は、インバーター装置の故障が原因の模様で。
過電流が流れて配線間でショートを起こし、発火。
そして発煙、といった経緯の模様。
事故を起こした789系は2002年から投入された車両。
十年以上経てば、インバーターの回路は劣化してくるもんなのかねえ。
しかし、仮にインバーターの整備不良だとか、劣化を見逃したとなると、北海道新幹線開業後が心配。
インバーターは新幹線車両も積んでいるもんで、同様の事故が十分に起こり得る。
さらにディーゼル特急の火災の際は、車輪の異常摩耗が原因であり、これもまた新幹線車両でも十分にあり得る状況。
JR北海道には申し訳ないが、保守作業や車両整備はJR東日本に委託した方が良い気がする・・・・・・。

では、ここで。
スポンサーサイト
[ 2015/04/05 00:16 ] 尾張建の鐵道日誌 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

尾張建

Author:尾張建
愛知県出身・栃木県在住。鉄道ファンで、F1・WECを毎年観戦し、下道で日帰りツーリングをし、たまにドラゴンズを観戦する元ベースボールプレイヤー。小学生まではサッカーをやっていて、一応博士号持ちの男。
就職に伴いパジェロジュニアを手放す。その次・そのまた次はパジェロイオとパジェロミニに乗り、最終的に親パジェロに乗ることを狙っているのだが・・・・・・。
10月29日生まれ。

尾張建の撮影記録
尾張建の撮影記録
使用機材:Canon EOS 7D、Canon EOS M、Canon PowerShot S95、Canon EOS 20D
バックナンバー
ドロップダウンリストから選択
--------------------------

©Plug-in by ASIA SEASON
全記事表示リンク