尾張建の今日の出来事

今日に限らず起きた出来事を、時には写真付きで、時には偉そうに意見したりして書いていくそんなブログです。
尾張建の今日の出来事 TOP  >  為にならない電気講座 >  電気・経済・運送の観点からできれば現地調達にして

電気・経済・運送の観点からできれば現地調達にして

ども、年一回にして最大の引っ越しシーズンとあって、引っ越し担当に回されている尾張建です。

シフトが組みづらい&経験者が殆どいないとあって、毎年担当。
担当する度に思っているのが、新品を送るぐらいなら現地で買えよ、という荷物が混じっていること。
その殆どは家電製品。
テレビ、電子レンジ、シーリングライト、etc。
あとはラックとか、ちょっとした家具類。
何で新品だと分かるのかというと、箱には使い古した痕跡が無く、お買い上げシールが貼られたままだから。
エディオンとかジョーシンとか、ニトリとか。
何が問題かと言うと、荷物が増えて集荷とか配達に一手間が掛かってめんどくさい梱包されていると言えども、やっぱり破損の恐れがあるわけで。
もちろん他の荷物もそういった恐れはある訳だが、一度も使わずに廃棄処分というのは精神的ダメージがねえ。
経済的観点から見ると、需要を食われて行き先の経済が潤わないことだろうか。

そして今年気が付いた、もう一つの問題。
それが、電気の周波数。
大抵の電化製品は60/50Hz両用になっているのだが、地域によってはどちらか片方という商品があるようで。
実際にあったのが、北海道から来た人で、向こうで買った電子レンジが50Hz専用であり、こっちでは使えないので引っ越しで配達してその場で通常の荷物としてリターンしたケース。
考えてみれば、ちょっと行けば60/50Hz境界線を跨ぐこっちとは違い、北海道では海を渡っても50Hzエリア(東北)だからな・・・・・・。
もちろん、ちゃんと気を付けていれば問題無い話ではあるのだが、電気の観点からもできれば現地調達が良いかと。
と言うわけで、引っ越しと電気の話でした。

では、ここで。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

尾張建

Author:尾張建
愛知県出身・栃木県在住。鉄道ファンで、F1・WECを毎年観戦し、下道で日帰りツーリングをし、たまにドラゴンズを観戦する元ベースボールプレイヤー。小学生まではサッカーをやっていて、一応博士号持ちの男。
就職に伴いパジェロジュニアを手放す。その次・そのまた次はパジェロイオとパジェロミニに乗り、最終的に親パジェロに乗ることを狙っているのだが・・・・・・。
10月29日生まれ。

尾張建の撮影記録
尾張建の撮影記録
使用機材:Canon EOS 7D、Canon EOS M、Canon PowerShot S95、Canon EOS 20D
バックナンバー
ドロップダウンリストから選択
--------------------------

©Plug-in by ASIA SEASON
全記事表示リンク