尾張建の今日の出来事

今日に限らず起きた出来事を、時には写真付きで、時には偉そうに意見したりして書いていくそんなブログです。
尾張建の今日の出来事 TOP  >  プロジェクトP~挑戦者たち~ >  ロープロ インバース200AW の簡単なレビューっぽい何か 続報

ロープロ インバース200AW の簡単なレビューっぽい何か 続報

ども、尾張建です。
本来はツーリング+EOS M用として買ったものの、

EOS7D in ロープロ インバース200AW

現在、お気軽撮影+EOS 7Dとして活躍中。
とはいえ、本来はこっちの使い方を想定して作られたものな訳だが。
写真は、EF-S18-135を取り付けたEOS 7Dと、EF75-300(左側に見えるレンズ)を1本入れた状態。
写ってはないが、その他に、隙間に予備のバッテリーを、外のポケット部分にミニサイズの時刻表を入れている。

仕切り部分が上の方まで出っ張っているので、写真のように入れてもEOS 7DとEF75-300が擦れ合うことは無い。
使っていて分かったのが、この組み合わせの場合、付属している肩掛けのベルトを使わないと自重でずり下がりやすいということ。
500mLペットボトルをボトルホルダーに入れるとなると、おそらくは肩掛けのベルトを使わないと無理だろう。
もちろんベルトをきつく締めれば防ぐことは出来るが、案外ちょっとした拍子で緩みやすい。
締めやすくもあるが。
さらに写真のようにカメラを入れていれば、即応性がかなり良いこと。
蓋部分もハクバのHPにある製品紹介動画が示すように、取っ手部分を引っ張るだけで簡単に空けられる。
この辺はバイクで走っている際に、その能力を遺憾なく発揮することだろう。
あとは、思ったよりもでかいこと。
ウェストバックなんだけど、ウェストバックと呼ぶのが憚れる大きさ。
小さい100AWの方だったら、そのように感じることは無かったんだろうけど。

さすがにできなかったのは、タブレットとレンズ装着EOS 7Dを一緒に入れること。
EOS 7Dだけなら入ったことだろうが、さすがにレンズ付となると横幅がキツくてしまえなんだ。
いや、しまえなくは無いのだが接触しているので、下手すればタブレットの画面が割れる。
そこはやっぱりミラーレスのような小型機じゃないと無理かと。
ちなみに。
先駆者達がHPやブログで紹介しているが、仕切りを全部取ってしまえば、EF100-400を付けた状態でもしまえる。
無論、それ以外の物は殆どしまえなくなるけれど、でかいレンズを付けたままでもしまえるというのはかなりの利点かと。

では、ここで。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

尾張建

Author:尾張建
愛知県出身・栃木県在住。鉄道ファンで、F1・WECを毎年観戦し、下道で日帰りツーリングをし、たまにドラゴンズを観戦する元ベースボールプレイヤー。小学生まではサッカーをやっていて、一応博士号持ちの男。
就職に伴いパジェロジュニアを手放す。その次・そのまた次はパジェロイオとパジェロミニに乗り、最終的に親パジェロに乗ることを狙っているのだが・・・・・・。
10月29日生まれ。

尾張建の撮影記録
尾張建の撮影記録
使用機材:Canon EOS 7D、Canon EOS M、Canon PowerShot S95、Canon EOS 20D
バックナンバー
ドロップダウンリストから選択
--------------------------

©Plug-in by ASIA SEASON
全記事表示リンク