尾張建の今日の出来事

今日に限らず起きた出来事を、時には写真付きで、時には偉そうに意見したりして書いていくそんなブログです。
尾張建の今日の出来事 TOP  >  プロジェクトP~挑戦者たち~ >  ロープロ バーテックス200AW の簡単なレビューっぽい何か

ロープロ バーテックス200AW の簡単なレビューっぽい何か

ども、尾張建です。

以前、

Lowepro バーテックス200AW

ロープロ バーテックス200AWというバックパック型のカメラバッグを購入。
全天候対応型とあって、雨の鈴鹿でも晴れの富士でも活躍。
でもって、先週に富山や半田に鉄道写真を撮りに行った時でも活躍。
カメラバッグの有り難さというのが身に染みたわけだが、買おうとなると、○○を入れるにはどのサイズ?とか、○○は入るのか?という疑問にぶつかる。
自分自身もそうだったので、ロープロ バーテックス200AWへの収納例というか、参考例を富山・半田装備を基準に軽く紹介。

ロープロ バーテックス200AW 収納例

メイン収納部に、

・バッテリグリップを取り付けたEOS 7D
・EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM
・EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM(フード付き)
・PowerShot S95を入れたポーチ(中にはバッテリ1個とミニ三脚入り・写真を撮った時には入れていない)
・レインカバー(ERC-E4S)
・タオル
・Lサイズの長袖服(写真を撮った時には入れていない)

を詰めていた。
レンズは他にもあるけど、基本的にはこの二つしか使わないので、写真のようにスッカスカ。
一方、鈴鹿や富士の時には、

・バッテリグリップを取り付けたEOS 7D
・EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM(フード付き・EOS 7Dに取り付け)
・EOS M(EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM付き)
・マウントアダプター EF-EOS M
・自由雲台 QHD-43D
・レインカバー ERC-E4S
・バイクのシューズ用レインカバー
・Lサイズの長袖服

を入れていた。
真ん中の仕切りのところで、EOS 7DとEOS Mを向かい合わせる形で収納。
それ以外は左右のスペースへ。

蓋の所で一番大きい収納部には、A4ファイルのバインダー、ポケットサイズの時刻表、10.1型ワイドのタブレット(TF101)を収納。
A4サイズで結構開いているので、B4サイズまでならいけそう。
横幅も結構広げることができて、鈴鹿・富士では、

・Lサイズのポンチョ
・Lサイズの防水ズボン
・10.1型ワイドタブレット TF101

をまとめて収納。
その他、小物入れのところなどには、

・偏光フィルタ
・予備のCF
・iMAXルーター
・モバイルブースター
・ティッシュ&ウェットティッシュ
・ビニール袋

やらを収納。
外側には、鈴鹿と富士では折りたたみの小型の椅子と一脚のGEO POD E54Mを固定。
富山と半田では、500mLペットボトルを入れていた。

写真を見て分かるだろうけど、純粋なカメラバッグとしてではなく、緩衝材付きのバックパックとして使っているのが現状。
なので、汎用性という点では若干制限されてしまうが、使いにくいとまではいかない。
個別の収納ケースを買って、普通のバックパックでも良いかもしれないし、そっちの方が安く済むかもしれない。
が、ごっちゃまぜで収納するしかない普通のバックパックに対し、仕切りがあるおかげで取り出し&収納がかなり楽にできるのが利点かと。
あとは、緩衝材が支えとなってバッグ事態を簡易的な机として使えるのも一つの利点かと。

カメラやレンズだけで無く、色んな物を詰めていく状況であるのなら、普通の奴よりはカメラバッグをお薦め。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

尾張建

Author:尾張建
愛知県出身・栃木県在住。鉄道ファンで、F1・WECを毎年観戦し、下道で日帰りツーリングをし、たまにドラゴンズを観戦する元ベースボールプレイヤー。小学生まではサッカーをやっていて、一応博士号持ちの男。
就職に伴いパジェロジュニアを手放す。その次・そのまた次はパジェロイオとパジェロミニに乗り、最終的に親パジェロに乗ることを狙っているのだが・・・・・・。
10月29日生まれ。

尾張建の撮影記録
尾張建の撮影記録
使用機材:Canon EOS 7D、Canon EOS M、Canon PowerShot S95、Canon EOS 20D
バックナンバー
ドロップダウンリストから選択
--------------------------

©Plug-in by ASIA SEASON
全記事表示リンク