尾張建の今日の出来事

今日に限らず起きた出来事を、時には写真付きで、時には偉そうに意見したりして書いていくそんなブログです。
尾張建の今日の出来事 TOP  >  フォーミュラな日々 >  フォーミュラな日々 334周目 for 2014WEC富士6時間

フォーミュラな日々 334周目 for 2014WEC富士6時間

ども、尾張建です。

撮った写真で振り返る2014WEC富士6時間。
今回からクリックした後の写真サイズを1500X1000に変更。
なので、少将サイズが大きくなっているので注意。

以下略。


2014WEC富士6時間 富士山

土曜日撮影。
去年の富士山は初冠雪となったが、今年は冠雪せず。
冠雪しないと言うことは雪を降らせる雲が無い、つまり雨の心配はないということでいいだろうか。

2014WEC富士6時間 ポルシェ20号車組

ウェバー at ピットウォーク時サイン会。
髭が濃い。
剃らないのは何かのポリシーがあるんだろうか。

2014WEC富士6時間 グリッドガール

時間は飛んで日曜日。
グリッドガールがメインストレートに登場。
日本らしく和服、というよりは浴衣?姿。
足袋を履いた人もいれば、裸足の人も。
この日は、それなりに寒かった筈だが。

2014WEC富士6時間 演奏

陸自富士学校による演奏。
去年は屋根付きのピットビル屋上で演奏していたが、今年はストレート上で演奏。

2014WEC富士6時間 トヨタ8号車出撃

トヨタ8号車、出撃。

2014WEC富士6時間 スタート

トヨタ8号車を先頭にして、レース開始。
この後、1コーナーからダンロップコーナーまでの間、スプリントレースさながらのオーバーテイク合戦を8号車、ポルシェ20号車(確か)、アウディの1台が繰り広げる。
その後は、8号車が後続を引き離してレースをリードする。

以降、写真の順番と時系列は別。

2014WEC富士6時間 各クラス混走

WECの魅力は、この各クラス混走だと思う。
写真には、LMP1-H、LMP2(2台)、LMGTE-Pro(2台)が写っている。
残念ながらLMP1-L、LMGTE-Amはここには写っておらず。

2014WEC富士6時間 各クラス混走

F1でもそうだけど、各社・各クラス・各チームごとにことなるマシン設計の違いが見られるのも一つの魅力かと。
各社のリアエンド周りの設計の違いの様子。
クラスが違えばレーススピードも全く異なってくるので、

2014WEC富士6時間 アウディ押し出される
(ブレブレなのはご了承下さい)

時折こうなったりする。
LMTGE-Amクラスのマシンに押し出されるアウディ2号車。
ちなみに相手のマシンはポルシェだったりする。

2014WEC富士6時間 赤三連

赤い奴三連発。
手前のレベリオンレーシング13号車はスイス籍。
後ろ2台はフェラーリで、もちろんイタリア籍。
それぞれ国旗のカラーが出ている。

2014WEC富士6時間 ガムテープ補修

耐久レースなので、直りさえすればコースに戻って再び走ることができる。
スタート直後の1コーナーで他社に当てられてリアタイヤ周りが損傷したのでガムテープで補修。

2014WEC富士6時間 アストンマーチン・タイヤスモーク

タイヤスモーク。

2014WEC富士6時間 トヨタ8号車

日曜日は圧倒的速さをトヨタ7号車と共に見せつけたトヨタ8号車。
そんなトヨタに対し、

2014WEC富士6時間 ポルシェ20号車+アウディ2号車

一矢報いようと富士では写真に写る20号車が、上海では14号車が立ち向かい、上海ではポールを奪えたポルシェ。
段々存在感が増していくポルシェに対し、ルマンと荒れたレースのオースティン以外では存在感が薄く感じるアウディ。
富士では後ろに写る2号車と1号車ともにポルシェの後ろに。
放出エネルギーの選択を間違えてしまったのか、性能調整が効きすぎたのか。

2014WEC富士6時間 トヨタ8号車フィニッシュ

トヨタ8号車、フィニッシュ直前の瞬間。
写真下部を横切るラインがフィニッシュライン。

2014WEC富士6時間 ポルシェ20号車フィニッシュ

トヨタ7号車の後に、ポルシェ20号車がチェッカー。
ちなみに、ゼッケンの横にあるライトがその時の順位を表示している。
1つライトが点灯していれば、そのクラスで1位。
2つなら2位、3つなら3位となり、全部消灯であれば4位以下。
なので、上の写真だと、3位なのでライトが3つ点灯。
トップでチェッカーを受けた8号車は、ライトが1つのみ点灯している。

2014WEC富士6時間 レースフィニッシュ後

これは、ブエミだったらレッドブル仕様のヘルメットだから、デビッドソンの方だったかな。

2014WEC富士6時間 表彰台

F1ならドライバーの国旗だが、WECではチームの国旗。
トヨタのワンツーフィニッシュとポルシェ3位なので、日本国旗×2とドイツ国旗。
この日、ようやくまともな形で表彰台での君が代を聞けた。
去年はあんなレースの後での君が代だったからね。

ちなみに。
F1以外で初めて見たレースが、去年のWEC富士6時間(サポートレースは除く)である。
そしてレース開始前ではなく、国際レースの表彰台で君が代を聞くのも去年のWEC富士6時間が初めてである。

ところで。

2014WEC富士6時間 フリー走行

編集って凄く便利だよね。
色調を変えてシャープにしてトリミングすれば、こんなに綺麗な写真になるんだから。
できれば、何もしない状態でこういう写真を撮りたいものだ。

では、ここで。
スポンサーサイト
[ 2014/11/03 02:02 ] フォーミュラな日々 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

尾張建

Author:尾張建
愛知県出身・栃木県在住。鉄道ファンで、F1・WECを毎年観戦し、下道で日帰りツーリングをし、たまにドラゴンズを観戦する元ベースボールプレイヤー。小学生まではサッカーをやっていて、一応博士号持ちの男。
就職に伴いパジェロジュニアを手放す。その次・そのまた次はパジェロイオとパジェロミニに乗り、最終的に親パジェロに乗ることを狙っているのだが・・・・・・。
10月29日生まれ。

尾張建の撮影記録
尾張建の撮影記録
使用機材:Canon EOS 7D、Canon EOS M、Canon PowerShot S95、Canon EOS 20D
バックナンバー
ドロップダウンリストから選択
--------------------------

©Plug-in by ASIA SEASON
全記事表示リンク