尾張建の今日の出来事

今日に限らず起きた出来事を、時には写真付きで、時には偉そうに意見したりして書いていくそんなブログです。
尾張建の今日の出来事 TOP  >  尾張建の今日の出来事 >  歯の矯正、矯正のための抜歯、親知らずの抜歯、歯牙腫の除去。これ以上、歯に関する経験は積みたくないものだ

歯の矯正、矯正のための抜歯、親知らずの抜歯、歯牙腫の除去。これ以上、歯に関する経験は積みたくないものだ

ども、尾張建です。

歯の手術に関して、それなりに語れる自信がある。
とは言っても、自分の経験した範囲内のみではあるが。
歯の矯正や矯正による抜歯、親知らずの抜歯などなど、場数をかなり踏んでいるので、ある程度は相談に乗れるかと。

なんでこんな話を急にしたかというと、

17歳少年から計232本の「歯」を摘出、インド
http://news.infoseek.co.jp/article/afpbb_3021387

という記事を見つけたからなんですよ。
最初、何でまた232本もの歯が?と思って開いたら、歯牙腫の話だった。
この少年の場合、アゴが腫れて診察したら複雑性歯牙腫というものがあったそうだ。
それが全部で232個あったという話らしい。
そもそも歯牙腫とはなんぞやという話だが、ある意味では歯のなり損ないということになるのかな?
正規の歯以外の歯というか、まぁそんな感じで捉えれば多分良いはず。

前にもちらっと書いたが、歯の矯正のために抜歯する際に、近くにあった歯牙腫を取り除いたことがある。
この取り除いた歯牙腫は、この記事のように塊状ではなく、犬歯を非常に細くしたような歯牙腫だった。
それを3、4本ぐらい一ヵ所の手術場所から取り除いたから、よくある集合性歯牙腫ということになるのかな?
大きさが小さく、また本数が少なかったからか、自覚症状は全く無し。
アゴが腫れるなんてことも無し。
抜歯に備えたレントゲンで初めて発覚した。

このような経験を持ち合わせていたので、この記事に非常に惹かれたわけですよ。
しかし、あんだけ歯牙腫があったとすると、かなり歯の並びが悪くなっていそうな気がするが。
もしそうであれば、歯の矯正は早いうちからやるのがベストなので、インドの少年にはぜひ歯の矯正をやってもらいたいが。
結構金がかかるだろうな……。

では、ここで。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

尾張建

Author:尾張建
愛知県出身・栃木県在住。鉄道ファンで、F1・WECを毎年観戦し、下道で日帰りツーリングをし、たまにドラゴンズを観戦する元ベースボールプレイヤー。小学生まではサッカーをやっていて、一応博士号持ちの男。
就職に伴いパジェロジュニアを手放す。その次・そのまた次はパジェロイオとパジェロミニに乗り、最終的に親パジェロに乗ることを狙っているのだが・・・・・・。
10月29日生まれ。

尾張建の撮影記録
尾張建の撮影記録
使用機材:Canon EOS 7D、Canon EOS M、Canon PowerShot S95、Canon EOS 20D
バックナンバー
ドロップダウンリストから選択
--------------------------

©Plug-in by ASIA SEASON
全記事表示リンク