尾張建の今日の出来事

今日に限らず起きた出来事を、時には写真付きで、時には偉そうに意見したりして書いていくそんなブログです。
尾張建の今日の出来事 TOP  >  プロジェクトP~挑戦者たち~ >  さすがに3台目を作る気は起きない。ノートが2つあるから(倒置法)

さすがに3台目を作る気は起きない。ノートが2つあるから(倒置法)

ども、尾張建です。

4Kの2画面表示に対応したHaswell対応スリムPCキットが発売
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/20140417_644759.html
4K出力に対応したShuttleのH81搭載自作キット「DS81」を試す
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/mreview/rental/20140424_645782.html

BOINC・リモー(以下略)機のDS61 V1.1の後継機種と言う事になるんだろうか。
CPUがIvy Bridgeから今使われているHaswellになっているし。

Shuttle DS81 商品紹介ページ
http://www.shuttle-japan.jp/barebone/slim/ds81

USB3.0ポートは2つのままだけど、USB2.0の方は背面に2つ増えて、前面と合わせて計6ポート。
BOINC機として使っているもんで、別にポート数に不満は無いのだが、メインとして使いたい人の要望に応えた形だろうか。
どうしても使い道が思いつかないCOMポートやLANポートがそれぞれ2つあるのはDS61 V1.1と同様。
大きく変わったのはディスプレイ出力。
DS61 V1.1ではFull HDだったのが、DS81では4K対応に。
そして説明を読む限りでは、DS61 V1.1では同時出力でのデュアルディスプレイに対し、DS81では独立して出力が可能らしい。

他にはDS61 V1.1ではSATA2×2だったのが、SATA3とSATA2の一つずつに変更。
Mini-PCleが一つだったのが、フルサイズとハーフサイズの計二つに。
フルサイズの方はSATA3対応なので、mSATA SSDの性能をフルに発揮できる筈。
さらに、DS61 V1.1ではmSATA SSDか無線LANカードかの二択だったのが、両方搭載できるように。
4Kがどうのこうのよりも、mSATA SSDと無線LANカードが同時に搭載できるという方が大きいと思う。

ワイヤレスでマウスとキーボードを繋ぎ、無線LANでネットやプリンタと繋ぐ。
mSATA SSDで速さを確保しつつ、2.5インチHDDで外付け無しに保存容量を確保。
そしてディスプレイ裏に固定すれば、かなりの省スペースで、快適なパソコンライフを――。

まぁ、買いませんけどね。

では、ここで。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

尾張建

Author:尾張建
愛知県出身・栃木県在住。鉄道ファンで、F1・WECを毎年観戦し、下道で日帰りツーリングをし、たまにドラゴンズを観戦する元ベースボールプレイヤー。小学生まではサッカーをやっていて、一応博士号持ちの男。
就職に伴いパジェロジュニアを手放す。その次・そのまた次はパジェロイオとパジェロミニに乗り、最終的に親パジェロに乗ることを狙っているのだが・・・・・・。
10月29日生まれ。

尾張建の撮影記録
尾張建の撮影記録
使用機材:Canon EOS 7D、Canon EOS M、Canon PowerShot S95、Canon EOS 20D
バックナンバー
ドロップダウンリストから選択
--------------------------

©Plug-in by ASIA SEASON
全記事表示リンク