尾張建の今日の出来事

今日に限らず起きた出来事を、時には写真付きで、時には偉そうに意見したりして書いていくそんなブログです。
尾張建の今日の出来事 TOP  >  フォーミュラな日々 >  フォーミュラな日々 298周目 for 2013F1韓国GP決勝

フォーミュラな日々 298周目 for 2013F1韓国GP決勝

ども、尾張建です。

F1韓国GP 結果:セバスチャン・ベッテルが優勝で4連勝
http://f1-gate.com/result/f1_21119.html

さっき録画しておいたF1韓国GPを見たけども……。
酷いな。
いや、レース結果ではなく運営が。
ウェバーのマシンの火災の件が。
スピンしたスーティルが激突。
その後、出火。
エキゾースト系かと思ったらKERSユニット系から出火らしい。
出火に気が付いたのか、ランオフエリア、それもコースから最も離れた場所に停車。
と、ここまではよくある光景。
問題はそこから。
マシンを止めた後、派手に炎上。
マーシャルが駆け寄る気配が無く、火の手がさらに大きくなる中マシンから降りるウェバー。
オンボードカメラが派手に炎上する後方を映してもまだ駆け寄らないマーシャル。
その後、映像がほかの所に切り替わっている間にようやく到着した様で、消火活動開始。
この消火が遅れた件は百歩譲って赦そう。
たまたま消火器を持った奴が、遠い所に居たのかもしれないし。
赦す事が出来ないのはそれ以降。
どう見てもセーフティーカーやメディカルカーじゃない車――おそらく消火要員が乗ったオフィシャルカー、がコースの真ん中を、しかも後方からベッテルを先頭とする車列が近付いている状況で走るのはどうしても赦せない。
ウォールの向こう側に並走する道があるんだろ?
何でそっちを走らないんだ。
オフィシャルカーがコースを走っている映像が流れた時は、「え、あんなセーフティーカーあったっけ?どう見ても速く走れ無さそうなんだが」と疑問が。
その直後すぐに後方からセーフティーカーがコースインする映像を見て、オフィシャルカーだと気付き同時に唖然とした。
セーフティーカーが導入された理由は、そのオフィシャルカーが走っていたからだと思う。
どう考えてもウェバーがマシンを止めた位置は、セーフティーカーを投入するまでも無い場所。
イエローフラッグで十分な場所。
一体何やってんだか。

そしてもう一つやらかした事があるようで。
これはさっき調べて知った事である。
F1では消火する際に、泡や二酸化炭素の消火器を使うそうだ。
思い返してみれば、泡とかガスを吹き付けていたな。
ハンガリーだったか、給油する際にガソリンが漏れて炎上。
オンボードカメラに慌てて脱出するドライバーと飛び散る泡が映っていたのが今でも印象的。
泡や二酸化炭素を使っているのはエンジンやギヤボックスへのダメージを防ぐ為だそうで。
粉末はダメージを与えるから駄目なんだとか。
で、今回の韓国GP。
その駄目な粉末消火剤をおもっきり使っていた。
話によれば、レッドブル陣営は怒っているとか。
そりゃそうだろうな。
エンジンやギヤボックスの数が限られているんだから。

埋まっている所は埋まっているんだが、ガラガラのスタンド。
殆ど荒地のコース脇。
そして人工芝や今回のこの件。
お金もないという事らしいし、韓国GPは今年で最後になりそうだな。
それにしても。
ウェバー、不運すぎる。

では、ここで。
スポンサーサイト
[ 2013/10/07 01:24 ] フォーミュラな日々 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

尾張建

Author:尾張建
愛知県出身・栃木県在住。鉄道ファンで、F1・WECを毎年観戦し、下道で日帰りツーリングをし、たまにドラゴンズを観戦する元ベースボールプレイヤー。小学生まではサッカーをやっていて、一応博士号持ちの男。
就職に伴いパジェロジュニアを手放す。その次・そのまた次はパジェロイオとパジェロミニに乗り、最終的に親パジェロに乗ることを狙っているのだが・・・・・・。
10月29日生まれ。

尾張建の撮影記録
尾張建の撮影記録
使用機材:Canon EOS 7D、Canon EOS M、Canon PowerShot S95、Canon EOS 20D
バックナンバー
ドロップダウンリストから選択
--------------------------

©Plug-in by ASIA SEASON
全記事表示リンク