尾張建の今日の出来事

今日に限らず起きた出来事を、時には写真付きで、時には偉そうに意見したりして書いていくそんなブログです。
尾張建の今日の出来事 TOP  >  尾張建の今日の出来事 >  前回の事故では、どうやら韓国籍コンテナ船側の動きが原因だったようだが

前回の事故では、どうやら韓国籍コンテナ船側の動きが原因だったようだが

ども、尾張建です。

関門海峡で海自艦と貨物船ニアミス
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2013061701002249.html

あの関門海峡でまたか、と。
記事を読んでみると、

海上自衛隊の練習艦「しまゆき」(3050トン)が、11日夜に関門海峡の航路を航行中、対向してきた民間貨物船(約2万トン)に急速に接近し、衝突直前で回避していたことが17日、海上保安庁への取材で分かった。

 海保によると、しまゆきが針路を誤ったのが原因で、門司海上保安部(北九州市)は大谷三穂艦長から事情を聴いた。大谷艦長は海自練習艦では初の女性艦長で、今年3月に就任したばかり。

 関門海峡では、2009年にも護衛艦「くらま」(5200トン)が韓国籍のコンテナ船と衝突、炎上する事故が起きており、海自の安全対策の徹底が求められそうだ。(記事より引用)


と書いてある。
今回はともかくとして、前回の場合はどちらかというと韓国籍コンテナ船の操舵ミスだった気がするんだが。
衝突痕からしても、回避の仕方が韓国籍コンテナ船側が慣例と逆に舵を切らないとできない形だったはずだし。
結局、あたごの時はあれほど報道したのに対して、あっさりとフェードアウトしたもんで、真相はどうなったかは知らないが。
確か、韓国籍コンテナ船が海上交通センターの指示を無視して、その後慌てて舵を切ってあの形で衝突の記憶が。
最後の行では、まるでくらま側に非があるように思える書き方に。
突っ込んでくる相手に安全対策もクソも無いだろうと思うんだが。
前にも書いたけど、文の書き方をしっかりとした方がいいんじゃないでしょうかね。

まぁ、そんな前回に対し。
どうやら今回はしまゆき側のミスのようで。
続報でも、

海幕長「真摯に受け止める」 練習艦の衝突回避で
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2013061801001823.html

防衛省の河野克俊海上幕僚長は18日、同省で記者会見し、海上自衛隊の練習艦「しまゆき」が関門海峡で民間貨物船と急接近して衝突直前に回避したことに関し、大谷三穂艦長が海上保安庁から指導を受けたと明らかにした上で「真摯に受け止めている」と強調した。今後、再発防止策を海保に提出する。

 河野氏は「違反があった訳ではないが、右側通行のところを中央寄りに進んでいた」と説明。「艦長は、衝突の危険は感じていなかった」とも語った。

 航行を管理する関門海峡海上交通センターの管制官が、針路の修正を指示したのに応答しなかったことについては「はっきり言うことはできない」と述べた。(記事より引用)


ふむ。
中央に寄り過ぎ、海上交通センターの指示を聞かない状態で航行していたところ、接近した貨物船に気が付き慌てて転舵という事か。
前回の時、「右側通行だが、中央寄りに進んでいたのでぶつかったのではないのか云々」みたいな報道があった。
それを聞いた時は、中央寄りに進んでいても右側通行ならぶつかる訳無いだろと思っていたが。
それほど間違った推測ではなかったんだろうか。

気になるのは、貨物船の動き。
中央寄りでも、中央を越えなければまずぶつかる心配は無い筈。
あそこの航路は途中で曲がっていた筈から、曲がる所を直進しかけたか、相手も同様に中央寄りを航行しない限りは。
続報を待ちたいところだけど、ニアミス程度だから出なさそうだ。

では、今日はここで。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

尾張建

Author:尾張建
愛知県出身・栃木県在住。鉄道ファンで、F1・WECを毎年観戦し、下道で日帰りツーリングをし、たまにドラゴンズを観戦する元ベースボールプレイヤー。小学生まではサッカーをやっていて、一応博士号持ちの男。
就職に伴いパジェロジュニアを手放す。その次・そのまた次はパジェロイオとパジェロミニに乗り、最終的に親パジェロに乗ることを狙っているのだが・・・・・・。
10月29日生まれ。

尾張建の撮影記録
尾張建の撮影記録
使用機材:Canon EOS 7D、Canon EOS M、Canon PowerShot S95、Canon EOS 20D
バックナンバー
ドロップダウンリストから選択
--------------------------

©Plug-in by ASIA SEASON
全記事表示リンク