尾張建の今日の出来事

今日に限らず起きた出来事を、時には写真付きで、時には偉そうに意見したりして書いていくそんなブログです。
尾張建の今日の出来事 TOP  >  尾張建の今日の出来事 >  スーパーディオからシグナスX SRへ。今までありがとうスーパーディオ

スーパーディオからシグナスX SRへ。今までありがとうスーパーディオ

ども、尾張建です。

国一で太平洋を目指してからの渥美半島一周や知多半島一周は、

ホンダ・スーパーディオ

ホンダ・スーパーディオで実行。
ただのディオだと思っていた数分前の自分。
標識交付証明書の型番を見たら『AF27』と書いてあり、それを調べて初めて知った。
なお、92年式。
21年中、6年ちょっとを自分が乗っていた事に。
すり減ったタイヤや切れたベルトを交換したり、電球を変えたり、エンジンに吸い込まれたエアクリーナーのスポンジを変えたりしたけれども、年数の割にはまだ全然走れる。
こいつがぶっ壊れるまで走ろうと思っていた。
が、よく見ていてくれた祖父曰く、「ブレーキワイヤーが錆びているし、いつロックしてもおかしくない」と。
実際、半年ぐらい前か、ブレーキの戻りが悪かった事があった。
それが停まっている時ならいいが、走行中は危ないと。
なので、祖母の「就職祝いに(まだ院生で就職していないんだが)」という好意を有り難く、有り難く受け取り、

ヤマハ・シグナスX SR

今日、シグナスX SRを受領。
原付二種とあってか、原付と比べるとやっぱりでかい。
キャリヤやボックスを付けている分、余計にそう感じる(バイク屋のおばちゃん談)。
2サイクルから4サイクルになったからなのか、車両重量が増したからなのか。
何か多少加速が鈍く感じる。
まぁ、その分速度を出せれるからいいんだけど。

なお、参考までに「就職祝いに」の際のくだりを。

祖母:「あんたの乗っているバイク、もう古いから新しいの買ったげる」
自分:「まだ乗れるからいい」
祖母:「壊れたらどうするの」
自分:「その時はその時(ベルトが切れるか、エンジンが掛からなくなる程度だろう」
祖父:「ブレーキがいつロックしてもおかしくない」
自分:「(ブレーキの故障は怖いな。でも乗り続けたいな)じゃあ、125ccなら(これで諦めるだろ)」
祖母:「それには免許いるだろ」
自分:「うん、自動二輪免許がいる」
祖母:「じゃあ買ったげるから、名鉄(自動車学校)で免許取りゃあ」
自分:「……ん、分かった」

で、自動二輪免許を取り、原付のメーターを一周させて今に至る。

では、今日はここで。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

尾張建

Author:尾張建
愛知県出身・栃木県在住。鉄道ファンで、F1・WECを毎年観戦し、下道で日帰りツーリングをし、たまにドラゴンズを観戦する元ベースボールプレイヤー。小学生まではサッカーをやっていて、一応博士号持ちの男。
就職に伴いパジェロジュニアを手放す。その次・そのまた次はパジェロイオとパジェロミニに乗り、最終的に親パジェロに乗ることを狙っているのだが・・・・・・。
10月29日生まれ。

尾張建の撮影記録
尾張建の撮影記録
使用機材:Canon EOS 7D、Canon EOS M、Canon PowerShot S95、Canon EOS 20D
バックナンバー
ドロップダウンリストから選択
--------------------------

©Plug-in by ASIA SEASON
全記事表示リンク