尾張建の今日の出来事

今日に限らず起きた出来事を、時には写真付きで、時には偉そうに意見したりして書いていくそんなブログです。
尾張建の今日の出来事 TOP  >  尾張建の鐵道日誌 >  名鉄蒲郡線・蒲郡-西浦間+α

名鉄蒲郡線・蒲郡-西浦間+α

ども、尾張建です。

更新する体力や気力が無かったり、回線が繋がらんかったり。
ようやく、名鉄蒲郡線に行った事を書く事ができる。
という訳で、続きを読むをクリック。


吉良吉田駅・のりかえ改札口

まずは蒲郡駅へ行く訳なのだが、その為にはのりかえ改札口とやらを通る必要がある。
といっても、マナカ利用者以外はまた切符を通すだけ。
マナカ未対応区間から対応区間へ行く時はここで、前にも書いたが、乗車駅証明書とマナカを駅員に渡す。
逆の場合は、どこまで行くかを伝えてマナカを渡して、清算券?を受け取る。

西尾線・蒲郡線連絡線

手前が名鉄西尾線へと繋がる。
奥は名鉄蒲郡線へ。
法律上の区分はどこかは分からない。
かつてはここを直通列車が何本も通っていたのだが、今は運転系統は完全に分割されている為、検査以外はここを通る列車は無い。
だからか、レールの上面も錆びていた。

桜と蒲郡行き普通列車 in 吉良吉田駅

桜と蒲郡行き普通列車。
奥は1番ホームなのだが、今はもう使われていない。
この光景が何度も見れると良いのだが。

蒲郡行き普通列車内 in 吉良吉田駅

出発直前の社内の様子。
出発後もそれほど人数は増えず、空気を運んでいた状態。
西浦駅からは蒲郡駅へ向かう人が大勢いたので、上の写真よりは人が居た。

名鉄蒲郡駅駅名板

名鉄蒲郡駅はJR蒲郡駅と隣接している。
どう考えても名古屋へはJRの方がダントツに早い為、名鉄蒲郡駅から西尾・新安城経由で名古屋へ向かう人はまずいない。
昔の蒲郡線は通勤路線として、東海道線に対して優位だったらしい。
それを今やろうとしたら、蒲郡-名駅ノンストップ特急をやらんといかんだろうな。

名鉄蒲郡駅改札口

名鉄蒲郡駅の改札口。
ワンマン運転だもんで、自動改札機なんてものは存在しない。
従って、入場券なんてものも存在しない。

名鉄蒲郡駅から望む東海道線高架橋

JR蒲郡駅と隣接しているもんで、JR東海道線の高架橋がこうしてホームから見える訳なのだが。
気になる途切れ方をしている。
スペースが必要だったからそうしたのか、あるいは拡張する将来に備えてそうしたのか。
その場合、名鉄側と一体化した構造にするつもりだったのか、あるいは。

列車内運賃箱

列車内にある運賃箱。
どうもこの運賃箱。
名鉄バスのお下がりの様に見えるんだが。
バスと同じように、車内にマナカの機器を搭載する事はできなかったんだろうか。

蒲郡競艇場前駅と三河塩津駅

隣駅の蒲郡競艇場前駅。
真のギャンブラーは、ここと中京競馬場前駅を往復する日々を送っている筈。
二つの駅名が並んで表記されているのは、

蒲郡競艇場前駅と三河塩津駅

蒲郡駅と同様に隣接しているから。
先に開業したのは名鉄側。
三河塩津駅が開業する前までは、競艇ファン輸送シェアはほぼ100%だったんだろうけど。
ケンカを売るかのように真横に建てるJR。
その結果どうなったかは知らないが、その大半を失ったのは間違いない。

名鉄三河鹿島駅全景

さらに隣駅の三島鹿島駅。
その駅構造はホームだけ。
あとは屋根付き駐輪場が整備されているぐらい。
そして、蒲郡線で唯一トイレ設備が無い。
こんな駅だが、利用者はそこそこいるようで、滞在中はどの列車でも乗降客が居た。
こどもの国駅とは異なって。

名鉄三河鹿島駅東側踏切

すぐ東側にある踏切の傍にはこのような桜の木が。
線路のすぐ横に生えているので、

名鉄蒲郡線・吉良吉田行き普通列車

このような写真が撮れる。

三河鹿島駅駅名板

一方、山桜と思われるこの木はもうその殆どが葉っぱで覆われていた。
早めに来ていれば満開の木と共に撮れたか?

名鉄形原駅駅舎

さらに一駅移動して形原駅へ。
ここは、なぜかWiMAXが通じなかった場所。
ホームに出ても繋がらんかった。
なぜだ。

名鉄形原駅ホーム

列車同士の行き違いが可能な設備を有しているが、普段のダイヤでは列車交換はしないとの事。

名鉄形原駅舎内部

かつてはシャッターの向こう側に駅員さんたちがいたんだろうけど。
シャッターは固く閉ざされたまま。
もしかしたら中身は無人駅化当時の雰囲気が残っているかもしれない。
無人駅化は88年だもんで、バブル関連の物があるかもしれない。

名鉄西浦駅駅舎

最大の途中駅である西浦駅。
昔は名古屋方面と特急で結ばれていたとの事。
今でも西浦温泉への玄関口として機能している様で。
時折、西浦温泉からやってきたマイクロバスが駅前ロータリーに停まっていた。

名鉄西浦駅駅舎・改札口

かつては大量の温泉客を捌いていただろう改札口と窓口は、今はご覧の有り様。
待合室も他の駅とは違ってかなり広い。
少しでもスペースを有効活用しようという事なのか、

TGX-998.jpg

超巨大な生け花?が。

名鉄西浦駅全景

東側にある踏切から西浦駅を望む。
おそらくだが、一番右は西浦駅止まりの特急や急行列車の留置線に使われていたんだろう。
この設備は今も使っているんだろうか。

名鉄西浦駅・列車交換風景

西浦駅での列車交換風景。
ダイヤが乱れると形原駅でもやるらしい。
とまぁ、名鉄蒲郡線・蒲郡-西浦間はこんな感じ。

では、ここで。
スポンサーサイト
[ 2013/04/07 00:31 ] 尾張建の鐵道日誌 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

尾張建

Author:尾張建
愛知県出身・栃木県在住。鉄道ファンで、F1・WECを毎年観戦し、下道で日帰りツーリングをし、たまにドラゴンズを観戦する元ベースボールプレイヤー。小学生まではサッカーをやっていて、一応博士号持ちの男。
就職に伴いパジェロジュニアを手放す。その次・そのまた次はパジェロイオとパジェロミニに乗り、最終的に親パジェロに乗ることを狙っているのだが・・・・・・。
10月29日生まれ。

尾張建の撮影記録
尾張建の撮影記録
使用機材:Canon EOS 7D、Canon EOS M、Canon PowerShot S95、Canon EOS 20D
バックナンバー
ドロップダウンリストから選択
--------------------------

©Plug-in by ASIA SEASON
全記事表示リンク