尾張建の今日の出来事

今日に限らず起きた出来事を、時には写真付きで、時には偉そうに意見したりして書いていくそんなブログです。
尾張建の今日の出来事 TOP  >  尾張建の鐵道日誌 >  旧幡豆郡の皆さんにごめんなさいを言う記事

旧幡豆郡の皆さんにごめんなさいを言う記事

ども、尾張建です。

昨日、久々に丸一日の休みをとれたので写真を撮りに。
場所は名鉄蒲郡線。
移動しながらいろいろ調べるときの為にWiMAXルーターを持参。
場所が場所だから、蒲郡市以外はWiMAXなんか通じる訳ないだろうなと思いつつ。
その結果。
全線に亘って普通に通じた(ただし形原駅のみなぜか通じなかった)。
中程度レベルの電波強度だった。
旧幡豆郡の皆さん。
僻地みたいなところだと思っていて、ごめんなさい。

まず、おもしろ写真というか番外編から。
という訳で、続きを読むをクリック。



蒲郡線へ行くのにはまず吉良吉田に行かねばならない。
が、運悪く吉良吉田行を逃してしまったので、新安城、西尾、吉良吉田と3回乗り換える羽目に。
その西尾駅で、

アイアンマン・マナカマンコラボ

こんな広告を発見。
最初は何事かと。
たまルンに入っていない人が100万人もいる事に驚き。
記念マナカの分(4万枚ぐらいか?)を考えても、90万人(枚)はたまルンに未登録な訳で。
……まさか交通局系マナカの分も入れていないだろうな。

マナカ全国デビュー広告 in 蒲郡駅

蒲郡駅でのマナカ全国デビューの広告。
が、

マナカ注意書き in 蒲郡駅

蒲郡線内での使用はできない。
ちゃんと注意書きが書いてある。
そういえば4日前に、

IC乗車券未対応で列車遅れ90分 JR飯田線
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2013033090233830.html

なんて事があったな。
蒲郡線は廃止の危機に瀕しており、自治体や地元住民たちが頑張っている。
その一環だろうか。

蒲郡線回数きっぷ10

蒲郡線回数きっぷ10というのが作られたのは。
発売期間が1年なのは、まずはやってみようという事か。
売れ行き次第で継続するかどうかを決めるつもりなんだろう。

場所は変わって蒲郡競艇場前駅。

名鉄線案内板 in 蒲郡競艇場前駅

設置時期が何時なのかは知らないが。
やはり名鉄=パノラマカーというイメージはかなり強力なようだ。
他の所でもこんな感じのマークにすればいいのに。

再び場所が変わって、今度は西浦駅。

無量寺案内板 in 西浦駅

西浦駅でこんな看板を発見。
駅の構内からは五重塔っぽいのが見えていたが、これか。
という訳で適当に付近を歩いてみると、

無量寺入口

入口を発見。
参道は桜と楓並木になっている模様。

無量寺入口・石碑

どうやら無量寺は、三河新四国の61と62番目に指定されているらしい。
三河“新”四国という事は、三河四国もあるという事か?
だが検索しても出てこない。
そもそも“ご当地”四国は、新が付くものなんだろうか。

無量寺本堂

その無量寺の本堂。
お参りをしようと思ったけど、怖そうなお坊さんが居て、下手な作法でやったら白い目で見られそうという被害妄想に襲われたから、本堂でのお参りはやめて御守りを買うという小心者。
代わりに、その隣にあった縁結びの神様を祀ったところで参拝。
なのに、西尾線と蒲郡線の存続を願う不届き者。
大丈夫。
神様は懐が広いから許してくれる筈。

蒲郡線所属駅初乗り切符

蒲郡線で写真を撮るのと同時に切符も収集。
本当は入場券を買いたかったのだが、どうやら無い様なので(そもそもワンマンだから存在する理由が無い)最小運賃の切符を購入。
吉良吉田駅のみ、最少運賃は180円だった。
蒲郡駅の運賃表を見ると、最大運賃は1760円(蒲郡駅での運賃表:デカいのでクリックして新規ウィンドウで表示)。
これは明智から御嵩間の各駅や、味鋺・上飯田までの運賃。

名鉄線1760円区間切符

これが1760円切符。
おそらく名鉄では、フリー切符などを除いて最高額の切符かと。
それにしても新安城ですら840円とか。
名駅で1230円とか。
隣の隣の街の豊橋に行くのに1330円とか。
まぁ、普通はJRだろう。
一度やってみたいものだ。
1760円で、さらに各駅停車で。
なお今回の撮影で、最寄りの駅から蒲郡まで各駅停車で移動済み。
そんなに大変じゃなかったから、時間さえあればすぐにできそうだがどうだろう。

乗車駅証明書・東幡豆駅

駅にあった券売機には、上の乗車駅証明書とやらのボタンがあった。
これは何かなと思ってポスターを見ると、どうやらこれを使えばマナカが使えるらしい。
ただし、蒲郡線内から他の線区へ行く場合のみ。
だから全国デビューのポスターでは、蒲郡-三河鳥羽間での使用はできないと書いてあった訳だ。
これは同じようにワンマン運転を行っている明智-御嵩間でも同様。
従って、マナカで1760円を払ったという記録を残す事が可能。
でもデジタルデータよりは、切符の方が良いよね。

とりあえず番外編はこんな感じ。
では、ここで。
スポンサーサイト
[ 2013/04/02 11:55 ] 尾張建の鐵道日誌 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

尾張建

Author:尾張建
愛知県出身・栃木県在住。鉄道ファンで、F1・WECを毎年観戦し、下道で日帰りツーリングをし、たまにドラゴンズを観戦する元ベースボールプレイヤー。小学生まではサッカーをやっていて、一応博士号持ちの男。
就職に伴いパジェロジュニアを手放す。その次・そのまた次はパジェロイオとパジェロミニに乗り、最終的に親パジェロに乗ることを狙っているのだが・・・・・・。
10月29日生まれ。

尾張建の撮影記録
尾張建の撮影記録
使用機材:Canon EOS 7D、Canon EOS M、Canon PowerShot S95、Canon EOS 20D
バックナンバー
ドロップダウンリストから選択
--------------------------

©Plug-in by ASIA SEASON
全記事表示リンク