尾張建の今日の出来事

今日に限らず起きた出来事を、時には写真付きで、時には偉そうに意見したりして書いていくそんなブログです。
尾張建の今日の出来事 TOP  >  尾張建の今日の出来事 >  外様を排除し、親藩や譜代を集めて、集客力アップを狙った結果がこれか

外様を排除し、親藩や譜代を集めて、集客力アップを狙った結果がこれか

ども、尾張建です。

歴史的敗戦から丸一日ちょっと経過。
10.8決戦の雪辱戦を10.22でという事だったらしいけど。
その結果はご覧の通り。

で、これからどうするの?
敗れた、はいでは来年頑張りましょう、と素直に行けないだろうな。
こんな形での敗戦となれば、誰かが責任を取らんと怒りとかが収まらんだろ。
3連勝で王手してから逆王手されて、そのまま逆転敗退では。
ストレート負け、あるいはそれに近い形だったら、「ああ、巨人が強過ぎたんだな」で終わる。
事実、レギュラーシーズンはその状態だったから。
変に希望を、それもあと1勝というところまでいった分、向けられる批判は大きい。
誰が責任を、となる訳だが。
高木監督?
元々、立浪監督などへの繋ぎ役としての就任が囁かれていたが。
コーチ経験が無くても栗山監督の例がある――という事で立浪電撃就任と共に退任しても不思議ではないが。
権藤コーチ?
岩瀬登板に対して高木監督と衝突など、シーズン開始前から何度も衝突を繰り返したと言うが。
というかそこに敗因があるような気がするんだが。
采配ではなく高木監督と権藤コーチとの確執が。
投手の事を任せるのなら任せて、口を出すのなら口を出せばいいのに。
中途半端になっているから確執が生まれるんじゃ?
落合-森体制が完璧な体制だと言うつもりはないが、その揺ぎ無い体制があったから黄金時代を築き上げる一つの切っ掛けになったはず。
上層部がガタガタしているようでは、勝てる試合も勝てなくなる。
ガタガタする原因となったどっちかを解任、は十分にあり得る。
だが、外様が中心だった落合中日から、親藩・譜代が中心の高木中日へ。
さらにユニフォームを変えるなど一気呵成に変革した以上、その象徴ともいえる高木監督や権藤コーチが解任される事は無いだろう。
他のコーチ陣も似たような理由で殆どは留任だろうな。
上田コーチはどうなるかな。
外野守備走塁だから全然関係ないのだが……。

ところで。
親藩・譜代を集めた理由は、集客力アップの為でもあるらしいが。
どうなった?
セリーグ三連覇も日本シリーズ進出も逃し、さらに観客動員数も減少となると、もうねえ……。

では、今日はここで。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

尾張建

Author:尾張建
愛知県出身・栃木県在住。鉄道ファンで、F1・WECを毎年観戦し、下道で日帰りツーリングをし、たまにドラゴンズを観戦する元ベースボールプレイヤー。小学生まではサッカーをやっていて、一応博士号持ちの男。
就職に伴いパジェロジュニアを手放す。その次・そのまた次はパジェロイオとパジェロミニに乗り、最終的に親パジェロに乗ることを狙っているのだが・・・・・・。
10月29日生まれ。

尾張建の撮影記録
尾張建の撮影記録
使用機材:Canon EOS 7D、Canon EOS M、Canon PowerShot S95、Canon EOS 20D
バックナンバー
ドロップダウンリストから選択
--------------------------

©Plug-in by ASIA SEASON
全記事表示リンク