尾張建の今日の出来事

今日に限らず起きた出来事を、時には写真付きで、時には偉そうに意見したりして書いていくそんなブログです。
尾張建の今日の出来事 TOP  >  尾張建の鐵道日誌

EF200-2代走・5075レ/EF66 33・8090レ/EF66 27・5074レ

ども、尾張建です。

先週の話だけども。

EF200-2代走・5075レ 用宗駅

以前にやった5075レの追い掛け。
撮れたことは撮れたが、どうも微妙な結果。
先週の日曜日、EF200-2が代走で入るというので再トライ。
写真は用宗駅の近くの踏切から撮ったもの。
夕日の光線が良い感じに当たっているが、積み荷が空なのが残念ではある。
……再々トライ?

以下略。
スポンサーサイト
[ 2017/06/18 02:43 ] 尾張建の鐵道日誌 | TB(0) | CM(0)

フル規格で着工しないのなら、既設在来線の高速化の方が良かったのかもしれない

ども、尾張建です。

JR九州、FGT見送り案浮上 新幹線長崎ルート
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2017061401001651.html

軌間可変システムの肝である台車部分の開発が難航していたFGT。
今のところ有望とされていた九州新幹線長崎ルートへの導入の雲行きが何やら怪しく。
台車が通常よりも重いため、軌道への負担が大きく、維持費が嵩むためというもの。
上場したことで、以前より一層コスト・利益に対して厳しさが増したのだろうか。

開発にも難航しているのが現状なので、ひょっとするとFGT開発よりも、既設在来線の高速化の方が良かったのかもしれない。
大胆なショートカットだとか、複線化だとか、分岐器の高速通過対応化とか。
新型車両の投入、は今ではもう不要か。

では、ここで。
[ 2017/06/14 23:49 ] 尾張建の鐵道日誌 | TB(0) | CM(0)

キハ9x系になるのか、キハxx系9000番台になるのか。そもそも頭がキハのままなのかどうか

ども、尾張建です。

JR東海、特急に新型車両 ハイブリッド方式を採用
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2017060701001564.html

中日新聞の記事だけを見ると、5年後の2022年から「ひだ」・「南紀」キハ85系の置き換え車両をいきなり投入するという解釈になるが、

【社長会見】ハイブリッド方式による次期特急車両(試験走行車)の新製について ※PDF注意
http://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000034155.pdf

JR東海の公式のプレスリリースを見ると、若干ニュアンスが異なる。
まず2年後の2019末に試験走行車を投入し、1年間(2020年?)試験を行ったのち、2022年に量産車を投入するというもの。
まぁ、どちらにしても2022年からキハ85系の置き換えが始ることには変わりはない。

あくまでもイメージデザインではあるが、フロント部分は、383系の貫通形先頭車を彷彿させるデザイン。
キハ85系とは全く異なるし、「伊那路」・「ふじかわ」373系とは趣がことなる。
JR東海標準デザインとなってしまっている313系のような形状にはさすがにしなかったか。
気になるのは、「ひだ」・「南紀」キハ85系や、「しなの」383系みたいに、前方が展望できる非貫通形の先頭車があるかどうか。
イメージデザインでは連結ができる貫通形先頭車しか描かれていない。
たいていこういうイメージデザインでは、”格好良い”方の先頭車、つまり非貫通形で前方が展望できるタイプを描くはずだが。
ということは、「伊那路」・「ふじかわ」373系のように、両側とも貫通形先頭車になるということか。
非貫通形先頭車の欠点は、連結した際に車両間の移動ができないこと、向きが決まってしまって編成の自由度が減ること。
JR東海は柔軟性のある車両運用をしたがっているはずだから、可能性は十分にある。

それにしても、去年国鉄時代の在来線車両を全て退役(ごく僅かな例外除く)させたというのに、もうJR時代車両の置き換えの話か。
とはいえ、試験走行車登場時にはキハ85系は30周年を迎えるわけだから、妥当と言えば妥当か。

では、ここで。
[ 2017/06/07 23:19 ] 尾張建の鐵道日誌 | TB(0) | CM(0)

EF200-20/19代走・5085/5070レ

ども、尾張建です。

某掲示板で運用の目撃情報を眺めていたら、愛知に戻れば先週の土日2日連続でEF200が撮れると判明。
と、なると、

EF200-20 5085レ
EF200-20代走・5085レ 逢妻-大府

行かねば。
大府駅南にある国道366号バイパスの跨線橋から撮影。
EF200目当てで愛知へ戻ったのだが、そのおかげで、

EF66 120+EF64 1013(ムド) 5091レ
EF66 120+EF64 1013(ムド) 5091レ 逢妻-大府

EF64が無動力回送されるという場面に遭遇。
滅多に見られないシーンを納めることができ、急遽戻った甲斐があるというもの。

以下略。
[ 2017/06/04 01:02 ] 尾張建の鐵道日誌 | TB(0) | CM(0)

早朝だろうが黄砂だろうが、走るのなら撮りに行く

ども、尾張建です。

6、7日は休息日として撮りに行かず、今日は新幹線が混むと予想して最悪立ったまま移動を想定して体力を養うつもりだったのだが。
レール運搬列車・8090レが走るというのなら行かねば。
今回は9両と3両、計12両。

EF210-169牽引8090レ

逢妻駅の上りホームの端から撮ったのだが、僅かに後ろが切れてしまった。
この1枚後の写真はピンぼけ、さらにその1枚後はピントは合っているものの機関車メインとなってしまっている。
予想よりも早く来てゆっくりする暇が無かったから、若干焦ったのが原因か。
4月頭の21両のときは大府駅を6時5分頃に通過したのが、今回は5時50分頃に逢妻駅を通過。
練習しようとした始発列車の前に来たからね。

レール運搬列車らしい構図にしようとすると、どうやら逢妻駅では12両までが限界のようだ。
機関車メインの構図にするのならば、18両ぐらいまでの印象。
こないだの21両を撮ろうとすると、別の場所にせねば。

では、ここで。
[ 2017/05/07 10:33 ] 尾張建の鐵道日誌 | TB(0) | CM(0)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

尾張建

Author:尾張建
愛知県出身・栃木県在住。鉄道ファンで、F1・WECを毎年観戦し、下道で日帰りツーリングをし、たまにドラゴンズを観戦する元ベースボールプレイヤー。小学生まではサッカーをやっていて、一応博士号持ちの男。
就職に伴いパジェロジュニアを手放す。その次・そのまた次はパジェロイオとパジェロミニに乗り、最終的に親パジェロに乗ることを狙っているのだが・・・・・・。
10月29日生まれ。

尾張建の撮影記録
尾張建の撮影記録
使用機材:Canon EOS 7D、Canon EOS M、Canon PowerShot S95、Canon EOS 20D
バックナンバー
ドロップダウンリストから選択
--------------------------

©Plug-in by ASIA SEASON
全記事表示リンク