FC2ブログ

尾張建の今日の出来事

今日に限らず起きた出来事を、時には写真付きで、時には偉そうに意見したりして書いていくそんなブログです。
尾張建の今日の出来事 TOP  > 

EF200を追い掛けるついでに撮ったトワイライトエクスプレスとか伯備線貨物とか

ども、尾張建です。

専らEF200を追い求めてあっちこっち移動していたが、それでもその合間に他のものを撮っていたり。

トワイライトエクスプレス瑞風
トワイライトエクスプレス瑞風

雑誌をよくよく見てみたら運転すると書いてあったが、そんなことを全く知らずに通りかかったので、慌てて降りて撮影する始末。
新倉敷駅で通過するところの撮影を試みたものの、暗くなっていたので見事に失敗。
どうやって撮ったものか。

以下略。
スポンサーサイト
[ 2019/02/18 01:19 ] 尾張建の鐵道日誌 | TB(0) | CM(0)

EF200捕鯨 第一次長州遠征

ども、尾張建です。

EF200-18代走+無動力EF66 105+後補機EF210-314・2072レ 向洋駅
EF200-18代走+無動力EF66 105+後補機EF210-314・2072レ 向洋駅

捕鯨活動、広島・山口編。
ついに活動域は、直流電気機関車の西の拠点、下関・幡生へ。
とはいえ今回撮った写真は大半が広島県ではある。

上の写真は、2072レを代走で牽引するEF200-18、その後ろに無動力にて回送中のEF66 105、急勾配が続く瀬野-八本松間を走行するため後ろから推す後補機のEF210-314という構図。
一つの貨物列車に2両の機関車が付くだけでも滅多に無いのに、3両の機関車が付くという光景。

以下略。
[ 2019/02/17 11:20 ] 尾張建の鐵道日誌 | TB(0) | CM(0)

EF200捕鯨 中国大返し・逆大返し

ども、尾張建です。

EF200-17代走・2081レ+EF200-19代走・2072レ 東福山駅
EF200-17代走・2081レ+EF200-19代走・2072レ 東福山駅

1月後半から2月前半は、久々に捕鯨海域を中国地方へ拡大。
ここ1ヶ月の捕鯨における最大のハイライトはこのシーン。
稼働機数4両となった今では、こういったすれ違いのシーンが、撮影できる時間帯かつ撮影しやすい場所でとなると限られてくる。
ダイヤを読む技術や撮影技術、さらには場数を踏んでいたとしても、結局最後に決まるのは運。
このシーンをもう一度撮ってくれと言われてもはたして撮れるかどうか。

EF200の代走運用が当たり前になっている4運用(2070レ・2072レ・2081レ・59レ)は、基本的には時間的間隔が空いている。
例えば大阪近辺では昼間(2070レ・2081レ)と夜(2072レ・59レ)となるし、岡山~福山近辺では午前中(2070レ)と夕方(2081レ・2072レ)、広島近辺では朝(2070レ)と午後(2072レ)に夜(2081レ)となる。
そしてその時間的間隔は、同じ貨物列車を別の場所へ移動して撮影とか、ある貨物列車を撮影したのち別の場所で別の貨物列車を撮影することが可能なほどあいている。
なので、ここのところ毎週のように吹田→神戸→岡山→神戸→吹田とか、広島→岡山→広島→福山→広島と移動して撮影していた。
その代償は何万円という交通費ではある。

写真が多いので以下略。
[ 2019/02/17 02:26 ] 尾張建の鐵道日誌 | TB(0) | CM(0)

ご当地カレー 岐阜県 郡上奥美濃カレー

ども、尾張建です。

各地へ撮影に出向いた際、実家・祖父母へ送りつける土産を大量購入するついでに、

郡上奥美濃カレー

結構な種類のご当地カレーを買っていたりする。
買って持って帰って食うというサイクルを続けていたけど、それはそれで何か勿体ない気がするので、記事を書いてみたり。
写真の郡上奥美濃カレーは、長良川鉄道郡上八幡駅の土産屋兼カフェで購入。
パッケージには郡上地みそを隠し味に使っていると言うが、味噌らしい味は特にせず。
コクのある味が味噌由来なのかな?

なお、盛りつけ写真は載せず、味の感想は一文程度で済ませる方針。
何しろ料理好きでは無いので適当に器に移すだけだし、美味しそうに撮る技術が無いからね。
また、味を表現する語彙力が無いし、そこまで味覚が鋭いわけでは無いからね。
そして何より好みの個人差を考えれば、である。
では、ここで。(この企画続くかな)

アルファベットで略した文字が被らないように決めた説が有効だとしたら

ども、尾張建です。

平成改元、見送りの20案 九州大名誉教授の肉筆メモ発見
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2019021601001848.html

あと数ヶ月で改元を迎えるわけだが、何やら平成への改元時に候補として挙げられた案のメモが見つかったようで。
ただし、「依頼された一人とされる」という表現のためどこまで信憑性があるのかは不明ではあるが。
記事から引用すれば20案は下記の通り。

・普徳(ふとく) ・靖之(せいし) ・靖和(せいわ)
・天晶(てんしょう) ・修文(しゅうぶん) ・大猷(たいゆう)
・允徳(いんとく) ・修和(しゅうわ) ・恭明(きょうめい)
・敬治(けいじ) ・純熙(じゅんき) ・長道(ちょうどう)
・天休(てんきゅう) ・和平(わへい) ・成孚(せいふ)
・永孚(えいふ) ・大明(たいめい) ・成文(せいぶん)
・大有(たいゆう) ・大成(たいせい)


キーボードで打っても出てこない文字があるから困る。
一説にはアルファベットで略したときに被らないものを選んだ結果、『S』で昭和と被る修文はやめて『H』の平成にしたとされる(これも信憑性は不明だが)。
もしこの説が正しいとすれば、明治の『M』、大正の『T』、昭和の『S』と被るのがNGとなるため、長道を『C』とするのであれば半数以上が候補から消えることに。
次の元号は、今度は平成の『H』も候補から外さねばならないから、尚更選定が難しくなるな。

仮にこれらの中から再び候補に挙がるとすれば、『E』の永孚、『 I 』の允徳、『J』の純熙、『K』の恭明、敬治、『W』の和平か。
(長道を『C』 or 『T』、普徳を『F』 or 『H』とするかどうかで揉めそう)
書いていて思ったのだが、『 I 』って数字の1と見間違えやすいな。
そうすると数字と見間違えやすいアルファベットが頭文字になる言葉も除外されるのかも?
0と見間違えやすい『O』、8と見間違えやすい『B』とか。
はてさて、次の元号はどういう言葉・略字になるんだろうねえ。

では、ここで。
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
プロフィール

尾張建

Author:尾張建
愛知県出身・栃木県在住。鉄道ファンで、F1・WECを毎年観戦し、下道で日帰りツーリングをし、たまにドラゴンズを観戦する元ベースボールプレイヤー。小学生まではサッカーをやっていて、一応博士号持ちの男。
就職に伴いパジェロジュニアを手放す。その次・そのまた次はパジェロイオとパジェロミニに乗り、最終的に親パジェロに乗ることを狙っているのだが・・・・・・。
10月29日生まれ。

尾張建の撮影記録
尾張建の撮影記録
使用機材:Canon EOS 7D、Canon EOS M、Canon PowerShot S95、Canon EOS 20D
バックナンバー
ドロップダウンリストから選択
--------------------------

©Plug-in by ASIA SEASON
全記事表示リンク